台湾映画『星空』

b0074416_00212892.jpg

仕事の合間を縫って相変わらず台湾(中国)映画を観ている。忙しいときには、映画は助かる。時間が決まっているし、気分転換にもなるから。それにしても台湾映画『星空』は名作であった。トム・リン監督の作品は初めて観たが、中学生世代の男女がもつある苦悩とファンタジーを見事に調和させた映画であった。

原作がジミー・リャオによる絵本だというが、台湾映画はファンタジーを挿入させる映画が多いのだろうか?映画『星空』の完成度の高さには驚かされた。音楽の使い方も新しい。心情を表現するような音楽をバックに流すのではなく、音楽を一つ(一人)の俳優のように扱っている、といった方がよいかもしれない。

この映画はいわゆる学園ドラマではあるが、その狭い世界を描くのではなく、そこから10代の頃にもつ多感な感性や不安、自然や宇宙との親近性についての表現に飛躍しているのがよい。

版権の混乱から日本での公開が遅れたということだが、こうした優れた台湾映画はこれからも続くのだろうか?日本映画はこうした名作に対抗できるレベルなのだろうか?当分、台湾、中国映画への逍遙が続きそうである。

*こうした映画を観ていて感じるのは、日本と同様、台湾や中国人への西洋文化の影響について、それは日本とどのように相違(あるいは相似)しているのかが気になってきた。

[PR]
by kurarc | 2018-10-03 00:26 | cinema

Archiscape


by S.K.
画像一覧