箱根湿性花園

b0074416_22023265.jpg

箱根湿性花園は年に一度は訪れる。植物園であるから、植物を見に行くのであるが、それだけではない。植物を観るだけでなく、あの場所に行くことが目的なのである。単に好きな場所なのである。湿性花園に行くと、常に立ち寄るのはポーラ美術館。昨日はルドン、それにモネの絵画を楽しんだ。こちらも単に好きな場所(建築)であるから立ち寄る。

昨日は快晴。あの場所に行って、ススキが風に揺らいでいる姿を見るだけでよい。揺らぐ音を聞いていると、わたしになにか話しかけているのでは、と思えてくる。空気がきれいなのもよい。冠雪した富士を眺めながら、駿河湾や相模湾を望むランドスケープを感じることも東京のような場所ではできない。

箱根は東京から最も行きやすく、食べ物もおいしく、それに過剰に混雑していないのがよい。今回は小田原を起点にドライブを楽しんだ。小田原も豊かな街で好きな場所である。神奈川は湘南だけでなく、こうした西南部の観光地は捨てがたい。

[PR]
by kurarc | 2018-10-22 22:05 | nature

Archiscape


by S.K.
画像一覧