韓国映画『建築学概論』

b0074416_00431638.jpg

建築に携わるものとして、このタイトルに惹かれ、ずっと観ようと思っていた映画である。

建築家ともと付き合っていた彼女との物語。過去と現在が折り重なるように映像化される。最後に、建築家はその彼女の住宅をつくることになるが・・・

ラブストーリーとしてよくできていた。笑えるような場面もいくつかあり、楽しめる映画であった。韓国ではかなり流行ったようで、実際につくられた住宅は現在カフェとして利用されるようになったという。(映画でつくったものとはデザインが多少変更されたようだ)

やはり興味深かったのは、映画の中で実際に建築学概論の講義が行われるが、その課題の出し方である。ある課題は、自分の住む街を旅し、観察し、写真に収めなさいといった課題。またある課題は自分の住む街から「遠い」ところとはどういうことか考えなさいなど、建築だけでなく、都市的な視点を考えさせるような課題であったことである。

実際に設計された住宅も興味深かった。フラットルーフの上に瓦屋根が載り、フラットルーフ部分は芝生で覆われていた。屋根が芝生の上に帽子を被せたように載っている感じである。屋根から流れた雨水は芝生の上に注がれ、その芝生はルーフガーデンにもなっている。

建築をテーマとしたもの、あるいは建築家が主人公の映画はたまにあるが、建築事務所の中が舞台となることは珍しい。そうした意味で、この映画は希少価値がある。しかし、映画『ル・コルビュジェの家』のような毒のある映画を知っているが故に、少し物足りなさは残った。

*最近観た台湾、韓国映画での共通点、それは、恋人たちが音楽を共有する場面である。こうしたシーンを観るとわたしが思い出すのは映画『ラ・ブーム』の印象的なシーンである。この映画から影響を受けてつくられたことは予想できる。それだけ、『ラ・ブーム』はアジアにも浸透していたのだろうか?

b0074416_10202348.jpg
b0074416_10210543.jpg
b0074416_10202680.jpg


[PR]
by kurarc | 2018-10-30 00:38 | cinema

Archiscape


by S.K.
画像一覧