人気ブログランキング |

京都、奈良への旅

b0074416_00154373.jpg
b0074416_00155240.jpg

久しぶりに連休を利用して京都、奈良の一泊旅行を楽しんだ。京都では竜安寺石庭、仁和寺を、奈良では東大寺、唐招提寺、薬師寺、奈良まちなど巡る。今回はそれに加え、恩師と20年ぶりに再会することも目的であった。恩師の住まいの近くにある大和文華館(吉田五十八設計)も見学した。

久しぶりの古刹見学は感動の連続であった。また、東大寺の南大門など改めて観ると、その屋根の架構の軽々しさに驚いた。古代建築(南大門は中世か)とは重々しいものだという先入観が吹き飛ばされる思いであった。また、東大寺大仏殿内にあった、焼失以前の重源による大仏殿の模型を発見できたことは収穫であった。現在の大仏殿よりも重源の設計した大仏殿の方が構造的に明快で、現代人の目からみると優れているように思われた。


唐招提寺に訪れたのも何年ぶりだろうか、全く記憶にないほどであったが、やはり金堂の勇ましい架構はいつ観てもよい。京都、奈良は観るものすべてが絵になる、それが驚きであった。もう少し冷静になってからまた、今回の旅について振り返ることとしよう。

*恩師からは、日本美術に関する造詣が深いことから、いろいろと解説をいただく。わたしは全く日本美術について無知であるため、恥ずかしくなる。お会いするたびに多くを教えていただく、わたしにとって貴重な師である。ラスキンの翻訳が近いうちに出版されるという。

b0074416_00160491.jpg
b0074416_00161485.jpg


by kurarc | 2018-11-26 00:16 | archi-works