薫啓章(トン・カイチョン)著 『地図集』

b0074416_22135184.jpg

台湾や中国関連の映画を観ていて、出会った書物である。その書物のタイトルにまず興味をもったことと、香港人によるボルヘス、カルヴィーノ風小説だ、という点にも興味をもった。わたしとほぼ同世代の作家である。驚いたことに、香港文学がその原文から翻訳されたものは、この書物が初めてということである。

読み始めたばかりであるので、詳しくは語れないが、論文を読んでいるような感覚でありながら、それらはすべてデタラメ、そしてれっきとした小説である。この書物には『地図集』以外の小説も含むが、『地図集』は理論篇、都市篇、街路篇、記号篇という4つのパートからなる。1997年のイギリスから中国への香港返還がこの小説を書く動機となったということだが、そのタイトルからわれわれのような建築や都市を考えているものにとって刺激となる。カルヴィーノの『見えない都市』が様々な都市を記述しながら、それらの都市が実は一つの都市ベネチアを舞台としているように、この小説も香港という唯一の都市の記憶とそこから発生する幻想を小説に現したようである。

たとえば、地図篇の「取替地|displace」では、地図の本質(地図という虚構)が語られる。最近、日本でも北方領土問題がメディアで取り上げられるが、そもそも北方領土とは「日本固有」の領土(土地)であるのか?

薫啓章(トン・カイチョン)は上の章でこんなことを語っている。
「・・・地図上すべての場所は取替地であり、どんな場所もかつてはそれ自身でなかったし、永遠に別の場所に取り替えられるのである。・・・実のところ地図では、我々は永遠に行きたい場所にはたどり着けず、同時に我々はすでに避けようもなく、その場所の取替地へたどりついてしまっている・・・」

地図(場所)、都市、街路、記号・・・などを問題としていることからわかるように、彼はわたしと同時代の知を生きてきた青年であったようだ。それは香港という場所で育ったからなのだろう。台湾と同様、香港人の知性にも敏感でいた方がよいようである。

by kurarc | 2018-11-27 22:12 | books