人気ブログランキング |

ロラン・バルト再入門

b0074416_17322278.png

最近、わたしはロラン・バルトに再び注目している。彼は一時忘れられた批評家、思想家であったが、近年、新訳などが相次いで出版されるようになったことや、石川美子氏によるロラン・バルトの入門書ともいうべき、『ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家』によって、バルトの思考の全容が理解しやすくなったことが大きい。

石川氏の著書によれば、バルトはかなりの苦労人であることがわかった。父親を1歳にもみたないとき第一次大戦でなくしたため、父の記憶もなく、20代の大半を結核の治療に費やしている。居所も次から次へと転居し、やっとパリに落ち着くのは40歳を超える頃であった。

日本におけるバルトの後継者とも言える多木浩二先生の講義を大学時代に受けたものの、『零度のエクリチュール』の難解さもあり、バルトの全貌を理解するまでには及んでいない。多木先生の著作の理解のためにもバルトの批評への理解は不可欠であることもあり、再び学習し始めたのである。

特に最近読み始めた『明るい部屋』という著作の新鮮さは、バルトをまた新たな眼差しで捉えるきっかけとなった。この著作は、彼の写真に対する思考の軌跡が素直に綴られていて、非常に読み安い。この著作によって、『零度のエクリチュール』のような難解な作者という印象を払拭できたのである。

彼の終の住処は、パリ、セルヴァンドニ通り(上写真)というサン=シュルピス教会とリュクサンブール公園を結ぶ小径に面したアパルトマンであったという。その6階と屋根裏部屋が彼の住居となり、屋根裏部屋が彼の書斎であった。(後に、母親の身体が弱ってきたときには、同じアパルトマンの3階に移った)このささやかな小径をグーグルアースでみると、パリの中でもバルトらしい静寂な空間を住まいとして選んだということがよく理解できる。

常に権威づけられたものを嫌い、「自然」なものとして押しつけられることを嫌った彼の「零度」の概念、思考をもう一度学びなおしたいと思っている。

by kurarc | 2018-12-12 17:32 | books