再会映画

b0074416_20033324.jpg

偶然にも最近観た映画は「再会」をテーマとした映画であった。一つは『ライオン』、もう一つは『家へ帰ろう』である。

映画『ライオン』は実話をもとに映画化された。インドの貧しい家庭で暮らす5歳の少年が兄と離ればなれになり、何千キロも離れたカルカッタへ行き着いてしまう。迷子と見なされ、誰も探している相手がいないと見なされた少年は、オーストラリアへ養子として引き取られ、幸せに過ごすが、離ればなれになった母や兄のことが忘れられない。そして、グーグルアースを頼りに25年ぶりにインドへと旅立つ・・・映画『家へ帰ろう』では、ユダヤ人としてポーランドのウッチで生まれた青年が70年という時を隔てて、命の恩人であるポーランド人を探しに人生最後の旅にでる・・・という映画である。

その他、再会をテーマとして思い浮かぶ映画といえば、『ロング・エンゲージメント』が印象深い。再会は生者との再会だけではない。たとえば、『エル・スール』では、かつて父の故郷であった南スペイン(セビーリャ)へ娘が旅立つことで終わるが、これも父の魂との再会を暗示していると言えるだろう。「再会」は人間にとってなにか普遍的なテーマとなる出来事である。それは、人との再会だけではなく、かつて訪ねた、あるいは住んだ都市(街)との再会にも言える。わたしは、たまにかつて住んだ街、自由が丘や川越、鎌倉にも時折足を運んでみたくなるし、現在は2年ほどくらした沖縄(那覇)やポルトガルのリスボンの街が無性に恋しい。

再会したくなるのはなぜなのか。それは人間の時間感覚による気がしている。時間は直進的ではなく、らせん状であると思えるからである。かつて過ごした時間がある段階でまた意識の中に浮上してくる。それは1年や2年ではなく、10年前後、または10年以上の時間を隔てて起こることのように感じる。かつて観た映画を観たくなるのもこの「再会」の感覚と重なる。人は通り過ぎるだけでは満足できず、かならず経験したこと、体験したことにもどるのである。

一昨年は50年以上まえに父と過ごした海辺を訪ねるという旅をしたのも、こうした「再会」への熱望であった。もちろん父はもはや存在しないが、風景の中にかつての父の面影、海で泳ぐ姿を思い出すことができ、胸が熱くなった。昨年は20年お会いしていなかった恩師とも奈良で再会した。今年はどういった「再会」が待っているのだろうか・・・

*死者との再会といえば、『カオス・シチリア物語』のラストシーンがよい。ピランデッロとその死んだはずの母との会話である。わたしはいまだにこのシーンでかわされる母の言葉、「ものごとを、それをもう見なくなった人たちの目でも、見るようにしてごらん!・・・」の意味がわからない。

b0074416_20040078.jpg

by kurarc | 2019-01-27 19:58 | cinema