人気ブログランキング |

パサージュ・ジュフロワ

ブラタモリにパリのパサージュ・ジュフロワが登場した。興味深かったのは、そのパサージュの地下にもう一つの街路があり、これはパサージュが建設される以前の街路ではないかと考えられる、とのことであった。

このブログでも以前、このパサージュについて書いた(2010年9月26日のブログ)。ブラタモリではホテル・ショパンの中から地下へと入っていったが、このパサージュはここで屈曲していることに特徴があり、その突き当たりにクレヴァン蝋人形館があることで有名である。(グーグルアースで調べた限りでは、現在は蝋人形館という表記が出てこず、図書館と出てくる。)わたしもこの屈曲部が印象的であり、ここで写真を撮影し、それを2010年のブログで掲載している。

このパサージュは鹿島茂氏もお気に入りのパサージュであり、現在でも品良く保存されているという。わたしが初めて訪れた1984年にはかなり寂れた印象であったが、テレビで見た限りでは美しく維持されている。それにしても、今までパサージュの地下にもう一つの街路がある、というような記述は読んだことはなく、ブラタモリも馬鹿にできない。かなり貴重な映像であったことだけは間違いないが、これを見て、馬鹿な日本人が押しかけることがないよう祈りたいものである。

パサージュ・ジュフロワはシュルレアリストにも絶賛されたパサージュとしても知られている。鹿島氏によれば、開発が遅れたことにより、ガラス屋根に微妙な曲面を持つデザインが可能となったことや、街路の幅も広くとったことで、散策していて圧迫感もなく、当時、かなりの人通りで賑わったパサージュであったという。

*このパサージュ・ジュフロワの屈曲部を見事に撮影した写真は、田所美惠子さんの写真集『針穴のパリ』でみることができる。

by kurarc | 2019-02-16 20:41 | France