人気ブログランキング |

ブルーノ・ガンツ追悼

b0074416_19403699.png

ブルーノ・ガンツが亡くなられたという。彼の演技に初めてふれたのは、多分映画『白い町で』(上写真)だと思う。ちょうど、この映画でガンツとの不倫を演じた女優、テレーザ・マドルーガが気になっていて、久しぶりに『白い町で』を観たいと思っていたところであった。(映画『熱波』に彼女が主演していたことをまったく気づかないでいたためである。)わたしはこの映画で初めてリスボンという都市を意識したといってもよい。この映画を観て以後、リスボンに暮らすことになった訳だから、ガンツはわたしにとって大切な俳優の一人といってよい。

晩年の演技では、アンゲロプロスの最後の映画『エレ二の帰郷』が、わたしが観た最後の演技であったかもしれない。この役は非常に悲劇的な役どころであり、こうした狂気を内在しているような役どころが彼の真骨頂であったような気がするが、きっと、実生活では人の良い紳士であったのではないだろうか。

1970年代から80年代はヴェンダース映画の常連として、また1990年代からはアンゲロプロスの映画で輝いた俳優であった。実はわたしはまだ『永遠と一日』のガンツを観ていない。これはなるべく早く体験したいが、できれば映画館で観てみたいものである。彼の映画特集がどこかの映画館で企画されることを望みたい。

合掌

by kurarc | 2019-02-22 19:33 | cinema