人気ブログランキング |

大船今昔

b0074416_23502694.jpg

打ち合わせのため横浜の本郷台に出かけた。現在、お世話になっている工務店が本郷台にあるためである。本郷台は大船駅経由で行くが、大船は母の実家のあった街である。早く着いたこともあり、打ち合わせ前、大船観音(写真)を望みながら母の実家のあった周辺を歩いてみる。柏尾川沿いにあった母の実家は大きな庭をもつ典型的な日本家屋であり、洋間も併設された立派な住宅であった。子供ながら、夏休みなど滞在するのが楽しみであった。ここから、海水浴は必ず逗子に出かける。子供の頃の夏休みの定番の過ごし方であった。現在はアパートに建て替えられてしまい、その面影はひとかけらも残っていない。わたしが東京へ移るおよそ5年前、近くにわたしの子供の頃のままのお菓子屋さんが残っていたが、現在はなくなり、アパートに建て替えられていた。

打ち合わせ後、鎌倉に住む従兄に会い、昔話に花を咲かせた。わたしと17歳年上の従兄は、昔の大船のことをよく知っていて、わたしの知らなかった大船の街の姿を語ってくれた。興味深かかったのは、わたしの母の実家の近く(大船から藤沢寄り)に古くはよく栄えた商店街があったことであり、昔は母の実家の近くに映画館もあったこと、また銭湯もあり、そこに従兄がよく通ったが、その銭湯で笠智衆さんに度々会った、という話を聞いた。また、母の実家の隣の魚屋は、大船軒のアジの押し寿司のアジを一手に取り仕切っていたことなどを聞いた。この魚屋は笠智衆さんがよく立ち寄っていたということは母からよく聞いていた。

従兄は鎌倉に関する著作もあり、鎌倉に関してかなり詳しいのだが、笠智衆さんのお墓が、成福寺(大船-北鎌倉の間、横須賀線から見える)にある、ということも教えてもらった。鎌倉に住んでいた頃、この近辺をよく車や自転車で通っていたが、まさかこの寺に笠さんのお墓があるとは知らなかった。浄土真宗のお寺は鎌倉ではここしかないから、ということらしい。

従兄とはもちろんこうした話だけではない。ブログではとても書くことができないようなそれぞれの苦労話、涙なしでは語れないような話、家族の話など、従兄同士でなければできないような話を交わす。わたしにとって良き兄のような存在である。若いことは美しいが、若いものとは交わすことのできない話もある。笠智衆さんと一緒に風呂に入った人など、今どこにいるだろう。

by kurarc | 2019-02-27 23:55 | 鎌倉-Kamakura