人気ブログランキング |

空は宇宙の海 松任谷由実 

映画『時をかける少女』を観ていて、最後に同名の松任谷由実の歌が流れる。この歌詞の中に、「・・空は宇宙の海よ・・」という歌詞があるが、今更ながら松任谷由実の歌詞の感性に驚いた。

月のように大気のない衛星は、小さな隕石でも大気の断熱圧縮による加熱(大気摩擦)で蒸発したり、減速したりすることがないため、秒速数十キロという高速で月面に衝突するらしい。月面のクレーターはその傷跡なのである。

海の恵みはわかりやすいが、大気(空)の恵みには気づきにくい。松任谷由実は多分、直感的に「大気に海を感じた」のだと思うが、それは、まったく正しい。名曲と言われ、ずっと歌い継がれる曲には、こうした詩趣に富んだディテールが密かに挿入されているのだと思う。

松任谷由実の『ダンデライオン』には、

「・・傷ついた日々は 彼に出逢うための そうよ 運命が用意してくれた 大切なレッスン・・」

といった歌詞もある。こうした歌詞もなかなか思いつかないし、表現できるものではない。ポジティブな表現であることもよい。

彼女の歌詞だけでなく、現在、ビートルズの歌詞もじっくりと味わってみたいと思っている。最近、ビートルズ研究書が数多く出版されるようになったためであるが、彼らの音楽を無性に聴きたくなってきたからである。

by kurarc | 2019-03-27 17:37 | music