人気ブログランキング |

「キムリア」保険適用

キムリアが保険適用されることになったという。白血病を患う患者さんにとっては朗報なのだろうが、こうしたガン免疫遺伝子治療がガンに確実に効くかというと、どうも疑わしいものらしい。さらに、副作用の羅列をみると、この薬、治療法を使おうと考える患者さんを尻込みさせるような症状が膨大に並んでいるのである。

副作用の一つは、サイトカイン放出症候群と呼ばれるもので、腫瘍を攻撃するサイトカインが正常細胞まで攻撃してしまうというもの。微熱、高熱ほか意識障害や呼吸困難他の副作用が現れるという。

副作用のもう一つとして、重篤な神経系事象が現れるという。精神や脳、神経の不調による症状、錯覚、幻覚ほかの副作用が現れる可能性があるという。

その他、血球減少、低ガンマグロブリン血症、感染症、腫瘍崩壊症候群などの副作用が列挙されている。

以上のような副作用の列挙はどのような薬による治療にも併記されるものだが、これらが風邪薬の副作用のようなレベルを超えている訳だから、キムリアにより治療を選択するか否かについては患者さんは相当悩まれるはずである。これらの副作用はキムリアで治療する患者さん一人一人に異なる副作用がでることが予想され、医者もどのような副作用がでるのか予測もできないだろうから、正直、「治療してみなければわかりません」と医者から言われることは目に見えていると思われる。

話は変わるが、このような時期になぜ高額な治療薬が保険適用になったのか?もしや、有名なスポーツ選手が白血病になったことと関連しているのではないか、と誰しもが思ったのではないだろうか。そのようなこととは無関係で、偶然だとは思うが・・・



by kurarc | 2019-05-15 21:20 | nature