人気ブログランキング |

沖縄 再び

b0074416_21210583.jpg

沖縄の建築家山田正永さんよりパイナップルが届いた。その御礼の手紙を書いた。

手紙にも書いたが、わたしは大学卒業後、なぜ沖縄に行ったのか、今となってはよくわからないのである。建築家末吉栄三さんの仕事を新建築で知ったことがその大きな動機だったが、普通であれば、東京の人間が、沖縄まで行くだろうか?

さらに、沖縄へ行ったのもつかの間、その3ヶ月後には約1年をかけた海外旅行に出かけることになる。この旅で見学したものを未だに消化しきれていない。それはあまりにも膨大な時間であったからである。この旅でポルトガルに行ったことが、この旅の13年後、ポルトガルに暮らすことにつながった。一つの行動はもう一つの行動をすでに含んでいた。

つまり、一つの行動がすべてを含んでいたのかもしれないのである。それは大学卒業後の2年間、この沖縄での経験と、約1年にわたる海外旅行であったといまでは思う。ここで得たもの、また、学習し、学習し損なったものがわたしの原点である。わたしは未だにその空白を埋めることができていない。沖縄での経験の中にすべてがある、といってよいのかもしれない。今回の旅でもそのことを強く感じられた。建築だけでなく、都市や都市をとりまく自然へ耳を傾けること、東京では忘れがちであるが、沖縄へ行くといつもそのことを思い出す。

このような大切な場所があることはわたしにとっての宝である。沖縄を忘れないようにしなければ。

*写真:中村家シーサー横顔

by kurarc | 2019-06-25 21:18 | saudade-memoria