人気ブログランキング |

ウズベキスタン ナヴォイ劇場

b0074416_00484386.jpg

黒沢清監督の最新映画『旅のおわり 世界のはじまり』をユーロスペースで観る。映画の方は多くの言及を避けるが、この映画でウズベキスタンにあるナヴォイ(ナボイ)劇場(上写真)を知ることができたのは収穫であった。

満州で捕虜になった日本人が、大半建設の終わっていた劇場の仕上げ工事を手伝い、完成させた劇場であるという。また、サマルカンドという都市がウズベキスタンにあることを改めて教えられた。

こうした中央アジアの建築について日本人が書いた建築史は見たことがないし、研究者がいるのかどうかもわからない。サマルカンドはイランのイスファハンと肩を並べる建築群に満ちている。建築史家はこうした未開拓の地域にこそ研究対象を求めるべきなのだと思う。

わたしもポルトガル建築史を少しかじったものの、実はそのポルトガル世界の広大さに気づかず、わたしには手に余るものと思い、学習することをあきらめた。ポルトガル世界とは、ポルトガル本国に限らず、ポルトガルが植民地としたアフリカ諸国やブラジルも含まれる。そうした世界の建築、都市を俯瞰して初めてポルトガル建築史を語ることができるのだが、そこまで肝をすえて行う覚悟はもてなかった。

大学で行われる建築史の授業など、実は自分で学習すればよいものばかりなのである。授業でやられるべきことは、こうした中央アジアやバルト三国やアフリカといった日本で書物にもなっていないような領域なのだと思う。

それにしても、黒沢清監督とウズベキスタンの組み合わせは新鮮であった。そして、今までに観たこともない黒沢映画を経験することができた。しかし、今までの黒沢清監督ファンにはもしかしたら受け入れられない映画となっているかもしれない。観てのお楽しみ、ということにしておこう。

*中央アジアの建築史の研究者は検索してみると少ないながら、幾人かいることがわかった。今後の成果に期待したい。

b0074416_00545542.jpg

by kurarc | 2019-06-30 00:49 | asia