防災用品 固形燃料エスビット

防災用品 固形燃料エスビット_b0074416_23592465.jpg

最近、防災用品を準備している。賞味期限の切れたミネラルウォーターを買い替えたり、パック入りのご飯、缶詰、レトルトなどの用意、それに固形燃料としてエスビット(上)のラージサイズを購入した。

わたしは高校、大学と山岳部に所属していた。エスビットは高校時代(40年前)には山用品店で販売しており、日帰りの山行などによく携帯した。主に山でお湯を沸かす時に使用した。初めての海外旅行時にも持参した。ヨーロッパでは山用品店に行けば、エスビットの固形燃料を調達できた。わたしの高校時代は、3日程度の縦走にはホワイトガソリンを燃料としたストーブ(ホエーブス)を持参したが、現在、生産が終了してしまったようだ。

エスビットはミリタリーグッズであり、屋外での使用を想定しているため、室内での使用はお薦めできない。匂いがかなりきつい。また、固形燃料は猛毒であると聞くので、お子さんがいるような家庭では管理に気をつけなければならない。

非常時にベランダやバルコニーに出て、あるいは庭先でお湯を沸かすのには重宝すると思う。また、これは山用品でもあるから、趣味で山登りをされる方は、日常的に使用できる。

あとは、トイレと光、電力の確保だろうか。少しずつ準備をして、災害に備えておきたいと思っている。

*賞味期限の切れたミネラルウォーターはもちろん捨てたりはしない。お湯用にとっておく。以前、賞味期限切れのミネラルウォーターは沸騰させたら飲料可能かメーカーに問い合わせたが、明確な回答は避けられた。そのような使用は考えられていない、といった回答だったと思う。

by kurarc | 2019-08-26 00:02 | design(デザイン)