珈琲美美

珈琲美美_b0074416_00130148.jpg

福岡へ行った折に、珈琲美美(びみ)(上写真 福岡移住計画HPより)に立ち寄った。前川國男設計の福岡市立美術館を見学し、その足で、美術館近くにある珈琲美美へ向かう。残念ながら、その日は豆販売だけの日であり、美美で珈琲を飲むことはできなかった。

よって、中味ブレンドという豆を購入し、東京へ戻ってから飲むことにした。このカフェの店主は、若い頃、吉祥寺にあった”もか”という珈琲店(井之頭公園へ降る坂道の途中にあった)で勉強されたことを知り、立ち寄ってみたくなったのである。わたしはかろうじて、この珈琲店を知っている世代である。現在はチャイ専門店に変わってしまった。

中味ブレンドは非常にバランスの良い珈琲であったが、わたしには少し煎りが浅い気がしたので、今度は濃味ブレンドと吟味ブレンドを東京から注文し、味わってみた。どちらも捨てがたいが、わたしは濃味ブレンドあたりがちょうど口にあう。吟味ブレンドはカフェオレ用にちょうど良い気がする。

珈琲は少し価格の高い豆であっても、スタバなどで飲むことを考えれば、自宅で飲む方が圧倒的に経済的である。なかなか自分の口に合う珈琲(特にブレンド)を見つけることは難しいが、ここの珈琲はわたしの好みによくあっていた。

当面、美美から珈琲を買うことにしようと思っている。




by kurarc | 2019-10-19 00:06 | gastronomy(食・食文化)