人気ブログランキング |

市ヶ谷 記憶の中の家

最近、東京の中でお気に入りの場所は市ヶ谷である。内濠側の靖国通り周辺と外濠側の坂道の街、その両方ともに興味がある。

市ヶ谷には幼少の頃の思い出がある。以前にも書いたと思うが、母の親友が筑摩書房の社長夫人であったこともあり、わたしは何度か市ヶ谷にある社長宅へ遊びに行ったことがある。大きな玄関を入って2階に上がると大きな縁側の外に庭が広がっていた。縁側には卓球台が置いてあり、社長さんの娘さんたちが卓球をして遊んでくれた。わたしは2階に庭があるということをはじめ不思議に思ったが、この家が坂道沿いに建っていることに気がつき、納得した。この時、わたしは初めて空間のようなものに興味を持ったのである。この家の経験がのちに建築に興味を持つきっかけとなったと思っている。わたしにとって市ヶ谷の起伏ある地形、地景はわたしの原点と言えるような場所である。

市ヶ谷は東京らしい街である。堀によって見通しがきく景観があり、直線的に伸びる靖国通りは伸びやかで、通りの左右両側には坂道が続く。ここには新宿や渋谷といった俗化した街にはないオフィス街や大学街としての落ち着きがある。

今日は市ヶ谷の東京家政学院大学で旭川家具に関するレクチャーを聴講してきた。こうした都市の中で学び、生活できる大学生は羨ましいと思った。大学内では女子大生たちが楽しそうに会話していた。

残念なのは、元筑摩書房社長宅がどのあたりであったのか思い出せないことである。記憶の中には前面道路やその周辺の景観など覚えているが、50年近く前のことなので、市ヶ谷駅からどのように歩いて行ったのか全く思い出せない。今、その住宅が残っているとも思えないが、今度時間があれば、市ヶ谷の散策をしてみたいと思っている。

*筑摩書房の社長とは竹之内静雄さんである(2代目の社長である。竹之内さんは、1950年、『ロッダム号の船長』で芥川賞候補になっている。)。著書に『先師先人』(新潮社)がある。出版社の編集者として様々な文士、哲学者などに会った時のエピソードがまとめられている。太宰治の章では、太宰が心中した頃ことが述べられている。竹之内さんが筑摩書房へ入社したばかりの時、太宰は「君は、日本一ぜいたくな本屋に入った」と祝福してくれたという。また、こんなエピソードも書いている。太宰に長女園子さんが産まれた時、「産まれてきた子供を見て、ああ、かわいそうだ、と思った。かわいい、のではなく、かわいそうなのだ」と太宰は言ったという。

by kurarc | 2019-11-30 20:52 | 東京-Tokyo