ソウルとマカオへメールを送る

ポルトガル遊学時代の学友MoonさんとKong君にクリスマスと新年の挨拶のメールを送った。

Moonさんは韓国人女性。わたしよりひとまわり以上年代が下である。韓国と日本とは現在、ギクシャクした関係が続くが、早く収束してほしいと思う。韓国にはまだ足を運べていない。日本の建築を深く知るためにも、韓国の建築を知ることは不可欠だが・・・

Kong君はリスボン時代、わたしと同級生であった。彼はポルトガルの植民地であったマカオから留学していた。よって、ポルトガル語も達者であり、優秀な学生であった。

この二人を含め、リスボンの中華料理店で、Kong君の誕生会を祝ったのだが、身近にいたアジア人たちが集まってのお祝いで、お金はすべてKong君持ち。あれから20年が過ぎてしまった。本当に懐かしい。フェイスブックでつながっているが、二人とも元気そうで何よりである。

1日も早く、ソウル、マカオへの旅を実現させたい。

*メールはもちろん、ポルトガル語で送っている。

by kurarc | 2019-12-23 12:43 | South Korea(韓国)