1991年 修士論文梗概(和文+英文)


この修士論文は、30年前、東洋大学大学院工学研究科博士前期課程(建築学専攻)に在学していたときに書かれ、提出されたものである。

論文題目は、『ブルーノ・タウトの建築思想に関する研究 日本におけるタウトの受容と評価を中心として』である。幸運にもこの論文は、1991年、日本建築学会優秀修士論文賞を受賞した。論文全体は日本建築学会に保管されている。1991年、仙台における日本建築学会大会において、その概略について発表したが、その後、特に発表する機会もなく、30年が過ぎてしまった。今回、論文梗概の和文と英文をブログで公表することにした。なお、論文の中に指示されている図版は省略されていることをご了承いただきたい。

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01074852.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01080484.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01081512.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01082423.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01083301.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01084808.jpg


1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09371273.jpg


1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09375414.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09380719.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09382143.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09383514.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09384918.jpg


by kurarc | 2020-01-11 01:14 | 修士論文梗概(和文+英文)