沖縄の建築家 末吉栄三さんのコラム記事

日本建築学会に雑誌のバックナンバーを調べに立ち寄った。30年以上前の『建築文化』という雑誌のある記事をコピーするためである。同じ雑誌の中に「変容する沖縄の風景」という特集があり、末吉先生ほか沖縄の建築家の仕事や対談も掲載されていた。

事務所に戻ってから、末吉先生からいただいた原稿などまとめたファイルを久しぶりに開くと、「唐獅子」という沖縄タイムズだと思うが、末吉先生が25回にわたり担当したコラム記事のコピーがあることに気がついた。1978年から1979年に掲載されたものであり、先生が33から34歳のときに書かれたものである。わたしが沖縄にいるときにいただき、すでに読んでいたが、改めて読んでみると、末吉先生から教えられたことがわたしのベースにあることに気づかされた。

この記事を読んでいなかったら、わたしはアムステルダムのアンネ・フランクの家やウィーンのカール・エーンが設計したカール・マルクス・ホーフは見学しなかっただろう。また、スペインのポル・ボウを通り過ぎた時、ここがベンヤミンが自死した場所であることを想像できなかったと思うし、バルセロナのランブラス通りを歩きながら、スペイン戦争やジョージ・オーウェルを思い浮かべることはできなかったと思う。

『建築文化』の特集のなかで、末吉先生は、那覇の廃墟が出発点であったことを述べている。大木などなにもないような街が先生の原風景なのである。だから、沖縄にいるとき、植物へのこだわりが人一倍強いことを身近にいて感じていた。

このコピー原稿の最後のページ裏に、沖縄在住時、暮らしていたアパート(アパートといっても沖縄なので鉄筋コンクリート造である)の住所とその家賃28,500円というメモが書いてあった。アパートの名称は「みどり荘」であった。

*末吉栄三先生は、昨年、逝去されました。

by kurarc | 2020-02-14 14:11 | architects(建築家たち)