カタストロフィーと建築、デザイン

新型コロナウイルスは、社会に大きい影響を及ぼしたが、この疫病により、今後どのようなデザイン、建築計画をしていくのかについて考えなおさなければならないことは数多くあるはずである。以前、このブログで、病院建築の動線について、様々な動線を組み替えられるプランを想定する必要があることを書いた。

日本において、さらに危惧されるのは、巨大噴火である。破局噴火とも呼ばれ、日本における最大のカタストロフィーとなることは間違いないだろう。私たちは、この最大の難局にどのように対処するのか、様々な分野で再考しなければならない時期に来ているのかもしれない。

建築においてはどうだろうか。巨大噴火が発生した場合、まず問題となるのは火山灰である。建築の窓はずっと閉鎖していなければならなくなることは目に見えている。よって、換気が安易にできなくなる。また、外気を吸い込むようなあらゆる設備も使用できなくなる。夏場にエアコンも使えず、窓も開けられない状況が生ずることも考えられる。そう考えると、日当たりを第一に考える日本の建築(特に住宅)の居室は温室化し、居住できるようなスペースとはならなくなるだろう。夏でも、あるいは冬でもエアコンの必要のないスペースが求められるだろう。(冬場は、薪ストーブなどの設備でしのぐことが必要だが、その時にも換気の対策が必要になる。)ソーラー発電で電気をつくるような設備自体も火山灰の影響で一時使用不可能になるだろう。

建築とは関係はないが、マスクも問題となる。現在、やっとマスクが供給され始めたが、火山灰を防せげるような仕様ではない。最低、防塵仕様が必要となる。マスクづくりがそれぞれの地域で始まっていると聞くが、自治体は、そうしたマスクだけでなく、高価な防塵仕様のマスクも備蓄すべきなのであるが、そこまで考えが及んでいるのだろうか?

火山灰は、電気通信機器も破壊する。テレビ、ラジオ、パソコン(特にインターネット)、携帯電話も使用できなくなることが想定される。(いわゆる、ブラックアウトが起こる可能性が高い。)かつ、電気、ガス、水道、および商品、食料の流通もストップするかもしれない。(病院機能が麻痺する可能性も高い)そのような状況で、どのように生き延び、コミュニケーションをとっていくのか、究極の防災計画が必要となることは間違いない。カタストロフィーを想定した建築、デザインを真剣に考えなければならないが、この問題は、建築、デザインの領域をはるかに超えているので、国家レベルで議論されるべき問題だろう。

by kurarc | 2020-06-02 09:34 | design(デザイン)