モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ第28番ホ短調 K304

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ第28番ホ短調 K304_b0074416_21330673.jpg

『数字と科学から読む音楽』の「はじめに」は「アインシュタインとヴァイオリン」と題されていて、アインシュタインと音楽についてのエピソードが描かれている。

アインシュタインはヴァイオリンを弾く物理学者であった。アインシュタインの青春期、ドイツはビスマルクによる鉄血政策期であり、軍国主義に傾いた教育の息苦しさにアインシュタインは耐えられなかったらしい。そうした教育の中で、彼は音楽を愛するようになった。

ユダヤ系の家系では、楽器は祭器であり、その中でも特にヴァイオリンの才能があるかどうかは重要であった。アインシュタインにとってもヴァイオリンは特別な楽器であったに違いない。彼は、特にモーツァルトのソナタを愛したことが息子にあてた手紙に残されているという。

表題にあげた曲は、會孫のヴァイオリン奏者ポール・アインシュタインがドイツ物理学会で演奏された曲。アインシュタインの愛奏曲であったと伝えられているからであるという。母の死に接したモーツァルトの悲しみを表現した名曲である。

前回、日本のポップスを紹介したが、こうした軽い曲を聴いた後にクラシックを聴くと音楽的に全く表現方法が異なるから、それだけ音楽の意図が明確に感じられ、それぞれの音楽の個性、差異がはっきりする。ポップスとクラシックを交互に聴くことは各々の音楽の理解の助けになる気がする。

by kurarc | 2020-06-29 21:32 | music(音楽)