トランペットの練習

トランペットの練習_b0074416_20205320.jpg


連休を利用して久しぶりにカラオケでトランペットを練習した。カラオケに行くのをずっとひかえていたが、コロナが流行りだしてからは今日が初めてである。ストレスをかかえているのだろう、若者たちの喉をつぶすような叫び声に近い歌が聞こえてきた。

唇がこのコロナの間にだいぶ劣化していた。自宅ではミュートをつけてしか練習できないため、生音の感覚がわからない。今日は、また一からやり直すような感じで、ジャズ・トランペット奏者の岡崎好朗氏による教則本をおさらいした。

この教本の中に、ガーシュイン作の『The Man I Love』が練習曲として含まれている。マイルズ・ディヴィスの初期のCD( 上写真)の中に名演奏がある。彼が素直にトランペットを吹いていたときのものだ。ミュートをつけていないパートが多い。この頃のマイルズのトランペットの音がよい。

久しぶりに大きな音を出すとやはり心地よい。カラオケは防音室として使用しているので、歌う訳ではないが、歌を歌い終わった感覚になる。そこがトランペットという楽器の魅力である。

by kurarc | 2020-07-24 20:18 | trumpet(トランペット)