記憶のなかの雑木林 北野公園

記憶のなかの雑木林 北野公園_b0074416_09252187.jpg

移転した事務所から徒歩5、6分のところに雑木林が保全され公園になっていることを発見した。この雑木林は子供の頃、一度訪れたことがある気がしている。

父の同業者で、わたしが「カブト虫のおじさん」と呼んでいた方がいた。そのおじさんは、早朝、カブト虫やクワガタを捕獲して、段ボール箱一杯になるほど届けてくれたので、そう呼んでいた。このおじさんと一度、その捕獲の仕方を学ぶために訪ねた雑木林のような気がするのである。

実家(三鷹市下連雀1丁目)周りも、子供の頃はこうした雑木林が数多くあったが、多くは宅地化され、住宅が建設されていった。その一部は著名な建築家により修道院(ナザレ修道院)となったところもある。特に小学生の頃は、こうした雑木林が遊び場であり、友人たちとのコミュニケーションの場であった。

井の頭公園の雑木林やこうした何気なく存在する雑木林がわたしの原風景といえる場だと思う。写真の雑木林は、私有地であり、その地主の方のご好意で公園とし、三鷹市に管理が委託されているようだ。今後も武蔵野の原風景ともいえるこうした雑木林を維持していってほしいものである。

記憶のなかの雑木林 北野公園_b0074416_09254546.jpg




by kurarc | 2020-12-04 09:28 | 三鷹-Mitaka