歯相

奥歯に少し痛みが生じたこともあり、久しぶりに歯医者に行くことにした。事務所が仙川駅に近いこともあり、今まで行っていた三鷹の歯医者から、仙川駅近くの歯医者へと変えることにした。

歯医者さんは30歳前後の若い男性歯科医で、まずは歯の状態を診断するとのことで、レントゲンから始まり、歯の写真撮影(これは初めてのこと)、歯茎の検査へと進んだ後、診断結果を教えてくれた。

2本虫歯があると思われるということと、歯茎は現在、大きな問題はないとのことだが、その後、その歯科医さんは、わたしの歯茎の骨の状態から、歯をくいしばることが多いのではという診断をしてくれた。虫歯を治療した金属や樹脂の劣化の仕方、また、歯を支える骨が非常に太く、歯の付け根あたりの歯茎の骨が肥大化してごつごつと突出しているというのである。

今まで、こうした指摘をしてくれるような歯医者さんには巡り合ったことがなかったので、興味深かったが、言われてみれば、確かに硬いもの食べることが好きだし、日常的に歯に力を入れるクセのようなものがあると思ったのである。

わたしはこのとき、「歯相」という言葉を思い立った。人相や手相があるように、歯相と言えるものがあるだろうと。それも、歯の方はかなり客観的なデータの蓄積が表出されていると思われる。たとえば、歯の手入れの仕方をみれば、その人は清潔好きかや、毎日の歯の手入れを行えるだけの几帳面さはあるのかとか、また、インプラントをしている人であれば、かなりの財力がある人ではないか等々、様々なことがわかるだろう。

歯医者さんは、あまり口にしないのかもしれないが、歯の治療をする傍ら、その人の性格や生活環境、財力など様々な相貌を想像しながら治療をしているのではないだろうか。

また、この歯医者さんが合理的だと思ったのは、まず治療を始める前に歯のクリーニング、歯垢、歯石の除去を行った後に、治療をするとのこと。そうすれば、治療中に細菌によるリスクが軽減できるからだという。今まで、治療の最後にクリーニングをしたことはあったが、治療前は初めてであったので、なるほどと納得した。ここ3、4年、歯医者のお世話になっていなかったので、わたしが無知なだけで、こうした治療のプロセスは現在では常識であるのかもしれない。



by kurarc | 2021-03-10 21:07