特集展示 海の帝国琉球 八重山 宮古 奄美からみた中世

特集展示 海の帝国琉球 八重山 宮古 奄美からみた中世_b0074416_22284437.jpg

千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館にて表題の展示会が始まった。

まずは、図録を注文して、その展示内容を見ることにした。値段の割に立派な図録であり、貴重な写真や古地図などが豊富に掲載されている。博物館までは少し遠いが、4月に訪問することになっている沖縄への旅の予習のためにも、出かけなければと思っている。

最近、気がつくと様々な地域、分野の中世期に関する書物を渉猟している。はじめて海外旅行をした1984年から1985年、その旅が終わり帰国したときにまず調べ始めたのがヨーロッパやイスラムの中世についてであった。中世期に構築された都市は歩いていておもしろかったことがその理由である。イスラム諸都市の迷宮のような街路、ロマネスク、ゴシック建築の魅力、ドイツやイタリアの中世都市のスケール感の良さなど退屈することがなかったのである。

今では、建築や都市ばかりでなく、日本史や日本文学における中世、科学史における中世など興味の範囲は広がっている。当分の間、日本だけでなく世界の中世期の文物を渉猟することにした。20代の頃の学習のやり直しである。

そして、この琉球の展示もその内の一つである。

by kurarc | 2021-03-18 22:31 | 沖縄-Okinawa