リベタージュ 外苑橋

リベタージュ 外苑橋 _b0074416_18274725.jpeg


リベタージュ 外苑橋 _b0074416_18351920.jpeg


千駄ヶ谷近辺を仕事で訪ねた。国立競技場はいまやひっそりと佇み、オリンピック時の賑わいはまったくなくなった。国立競技場から北へ抜ける道に二つの橋が架かっている。首都高速を中心として、その南北に二つの橋がある。この橋もわたしが勝手に命名したrivetage(リベタージュ)の橋であった。rivetage(リベタージュ)とは、リベット接合による建造物で、特に鉄道駅舎関連以外のものと個人的に定義している。

一方(上写真、中央線、総武線の柱脚)は、ボルト接合の補強材(X型のブレース材)が取り付けられ、もう一方(下写真)は外苑橋という名称で建設当初のかたちを保っているように思われる。東京で、こうしたリベット接合による建造物のマイルストーンは何と言っても東京タワーである。東京タワーのデザインは、エッフェル塔と比較するとかなり見劣りするが、これを建設した職人魂は、エッフェル塔とも互角なのではないだろうか。

こうした無名のものたちによってつくられた建造物でありながら、しっかりとつくられているものにフォーカスを向けるため、気が付いたときに写真に納めている。丁寧につくられた建造物でもあるので、今後も大切に維持してもらいたいと思う。場所柄、この二つの橋は現在のところメンテナンスは行き届いていた。


リベタージュ 外苑橋 _b0074416_18414834.jpeg



by kurarc | 2021-10-27 18:43 | rivetage(リベット建造物)