井の頭公園 2022/01/02

井の頭公園 2022/01/02_b0074416_14285519.jpg



元日は地元の神社に初詣に行き、今日2日は井之頭公園の弁財天へ。人通りは例年に比べ少ないが、それでも弁財天へのお参りは行列ができていいた。


今日特に目を引いたのは、井の頭池の水の透明度である。「かいぼり」を行った成果が如実に現れていた。このように透明な池の水を見たのは子供の頃から初めてのことかもしれない。


わたしにとって地元で懐かしさを感んじるのは、この井之頭公園と玉川上水以外にない。吉祥寺の街はすっかり様変わりし、子供の頃から行きつけていた商店やレストランも今は99.9%失われた。


今日、公園内の七井橋を渡った右手にある店を経営するおばあさんと話し込んでしまった。ここでいつも正月は甘酒をご馳走になるが、おばあさんの話では1960年からこの店を支えているという。店自体は井之頭公園が開園してから続いていて、土地自体は東京都の借地なのだという。


おばあさんはわたしが生まれる前からこの店に立っていたことになる。子供の頃も何度かはこの店でお菓子を買ったと思うが、わたしが気づかなかっただけで、ずっとお会いしていたのだ。おばあさんも今は元気だが、もう高齢になるのでいつまで続くかわからないと言う。100歳まで続けてと周りから言われているそうだ。


2022年の初まりは、こうしたちょとした気づきからはじまった。


by kurarc | 2022-01-02 14:30 | 三鷹-Mitaka