山形 旧済生館本館ほか

26日の午前中は駆け足で、山形の擬洋風建築や近代建築を見てまわった。
山形市内を見学するのは初めてのこと。インフォメーションで「城下町やまがた探検地図」を入手し、「蔵とレトロ建築をめぐるコース」を参考に、市内に点在する蔵のリノベーションやシネマ旭などの表現主義建築などを散策。その後、文翔館(旧県庁舎・旧県議会議事堂)から旧済生館を最後に見学し、帰路についた。
山形市内は落ち着いた都市で、今後の計画次第では、歴史的建造物が点在するすばらしい地方都市に発展できる潜在力をもった街であると感じた。毎年行われている山形国際ドキュメンタリー映画祭も前から気になっていた。今年は10月4日から11日まで開催される。上映される映画のプログラムをみると興味深いものばかりである。時間ができれば日帰りでも映画祭に参加したい。
(写真上から文翔館、旧済生館本館、本館内木製らせん階段)
b0074416_22481748.jpg
b0074416_22483131.jpg
b0074416_22484356.jpg

[PR]
by kurarc | 2007-09-29 22:48 | archi-works

Archiscape


by S.K.
画像一覧