2017年 09月 06日 ( 1 )

明治屋 丸ビルストアー

b0074416_17375379.jpg
東京駅周辺に出ると、いつも立ち寄るのが、丸ビル地下の明治屋である。最近、東京では成城石井など、明治屋の品揃えと肩を並べる食材店ができてきたが、わたしは、なぜか明治屋の方を選ぶ。

以前は、フランス、プロヴァンスのタプナードが常備されていたので、それを必ず買っていたが、いつのまにか置かなくなった。少し高めだったこと、日本ではまだポピュラーではないからかもしれない。

最近必ず買うのは、スペイン、パプリカのムース(上写真)である。これを、朝食時、バゲットに乗せて食べる。また、コクテール堂のコーヒーが常備していることも明治屋を選択する理由かもしれない。さらに、紅茶、お茶、その他コーヒー、ジャム類、チーズなどが充実している。お菓子類も豊富で、こちらは身体のために食べないが、どれも一工夫されたものが並んでいて、見ているだけでも楽しめる。

品揃えは大きく変わらない(厳密に見ると、かなり差があるかもしれない)のに、なぜ、明治屋に行きたくなるのか?それは、やはり、店に品が感じられるせいだと思う。品物の並べ方ひとつひとつに愛情が感じられるのである。いつも、商品が乱れていることもない。だから、少し高くても、つい立ち寄ってしまうのだと思う。

[PR]
by kurarc | 2017-09-06 17:36 | gastronomy

Archiscape


by S.K.
画像一覧