2018年 04月 30日 ( 1 )

you tubeで学ぶ音楽(ジャズ)理論

最近、you tubeをよく活用するようになった。you tubeで多くのことが学べるからである。特によいのは音楽。様々な演奏者の貴重な映像をみることができることと、若手のミュージシャン(著名なミュージシャンも)が音楽理論、演奏法などの講義を行ってくれているので、いわば、大学の講義を聴講するように、音楽を学ぶことができるのがよい。

わたしは20歳の頃、ジャズ理論を学んだが、よく理解できなかった。特に、最初のダイアトニックコードやダイヤトニックスケールすら理解できなかった。まだ、感覚的に理解できればよかったのだろうが、それすらできなかった。なぜ3度づつ音を積み重ねるのかがわからなかったのである。

先日の日曜日、宇田大志というジャズギタリストの音楽理論(ジャズ理論)講座をyou tubeで聴講。その5回にわたる講義を最後まで聴くと、やっとダイヤトニックコードやスケール、モード・スケール・・・etc.のことが理解できた。(補助テキストとして、宇田氏著の『3年後に確実にジャズ・ギターが弾ける練習法』を参照した)きっと、普段から吹奏楽に親しんでいることも大きかったのだろうが、頭と感覚の両方で理解できたのである。

つまり、あとは練習(実践)あるのみ、ということである。
b0074416_22171236.jpg




[PR]
by kurarc | 2018-04-30 22:16 | music

Archiscape


by S.K.
画像一覧