2020年 02月 04日 ( 1 )

東京 電車、地下鉄に頼らず遊歩を楽しむ

東京はどこへ行くにも電車、地下鉄で行くことができる。それに慣れてしまうと最寄り駅まで電車、地下鉄を使い、目的地まで行くことが当たり前になってくる。南北方向に走る電車が少ないために、遠回り、迂回をすることも少なくない。

最近、少しでも電車に乗る時間を減らし、最寄り駅まで電車で行かず、目的地までの地図を見ながら、なるべく歩いて、余計な迂回を避けるようにしている。そうすると、なんでここまで行くのに電車を使っていたのだろうか、と思うことがしばしば起こる。

たとえば、わたしの住まいの最寄駅はJR吉祥寺駅だが、JR三鷹駅までの徒歩で行くことはよくするが、その先のJR武蔵境駅まではバスか三鷹駅から電車に乗るという選択しかしたことがなかった。これを、自宅から武蔵境駅まで歩いてしまうのである。時間はおよそ30分。実は大した距離でも時間でもないことに初めて気がつく。

また、九段下まで行くには、たとえば、東西線で九段下駅まで今までは行っていたが、それをJR飯田橋駅から歩いていく。そうすると、小さな丘を一つ超え、暁星中学校を過ぎて、靖国神社の入り口あたりから九段下まで行けるのだが、わずか徒歩で10分ほどである。(早稲田通りに沿って南下する経路である。)

こうして歩くことを優先すると、今まで知らなかった道、小径に出くわすし、興味深い建築物に出会うこともしばしば起こる。もちろん、交通費の節約にもなるし、健康のためにもなる。東京の移動で、時間に余裕のあるとき、天気のよい日にはなるべく電車、地下鉄に頼らないで、遊歩を取り入れたいと思っている。

by kurarc | 2020-02-04 23:07 | 東京-Tokyo