カテゴリ:nature( 92 )

『世界はなぜ月をめざすのか』(講談社ブルーバックス 佐伯和人著) 月について

b0074416_21554771.jpg



「はやぶさ2」が無事着陸に成功したニュースが舞い込んだ。「はやぶさ」が近年大々的に取り上げられ、その影に隠れてしまったのは「かぐや」である。月探査は地球から近い衛星探査ということから、「はやぶさ」に比べて、ロマンに乏しいせいであろうか。

しかし、『世界はなぜ月をめざすのか』(講談社ブルーバックス 佐伯和人著)を読むと、宇宙を知るにはまずは月からがよい、ということがよくわかる。わたしのような宇宙のことをなにも知らない人間が、基本的な事項からよく理解できるように解説してくれている。全体は10章よりなるが、それぞれの分量が適切で、10回の講義を編集したような内容にまとめてある。

まずは、「はやぶさ」がなぜ注目されているのかについてどれだけの人がその意義を理解しているだろう。この著作ではそのことを容易に説明してくれている。このことを理解するためにはまず「分化」という言葉を理解しなければならない。地球や月は「分化」の進んだ天体である。「分化」とは均質なものが異質なものに分かれることであり、地球や月は溶けたマグマが再び固まり、様々な化学組成の物質が誕生している。それと比較して、「はやぶさ」が訪れたイトカワ(「はやぶさ2」であればリュウグウ)は、「未分化な」天体であるということが大きな意義をもっているのだという。太陽系初期の塵が集まってできた天体を維持しているため、太陽系初期にどのような物質が宇宙を漂っていたのかについて研究できると言う訳なのだ。

この書物は、こうした天体に関する用語を具体例を交えて解説してくれる。興味深かったのは、たとえば満月を地球から眺めたとき、よく知られた歌「・・・盆のような月・・・」という表現は、なぜなのか、について解説している箇所である。月は丸いのだから、常識的には中心から周辺に向かって影ができ、地球から観たときも球体として毬のように見えるのが普通ではないか、と著者も考えていたが、現実は平坦な盆のように見える。これは衝効果(しょうこうか)という現象であり、満月のように月に影ができにくい太陽の位置では全体的に明るく見えるために、月は盆のように均質な光の面に見える(月の表面がレゴリスという細かい砂で構成されていることも影響している)。よって、「盆のような月」という表現は、詩的な表現というより、むしろ科学的な表現であったということが理解できるのだという。

このように本書は、初学者でも宇宙について丁寧に解説してくれているために、いつのまにか基礎的な知識を吸収できるように編集されている。「はやぶさ」もよいが、まずは月について知ることが宇宙を知る上での出発点なのだと納得させられる。21世紀は月への開発が進む世紀であるだけに、予備知識としてまずは本書を読むことをお薦めしたい。ブルーバックスはそれぞれ出来不出来に差があるが、本書はその中でも名著と言われる書物になるに違いない。

by kurarc | 2019-02-25 21:54 | nature

月 17世紀 ケプラーの『夢』

b0074416_23164495.jpg

映画『FIRST MAN』を観て、「月」について忘れかけていたことに気づかされた。

2013年12月14日、中国の月着陸探査機「チアンヤ3号」が月着陸に成功しているというが、こうした報道について、わたし自身まったく記憶はない。また、NASAは「月面史跡保護ガイドライン」をすでに定めていて、月面のアポロ着陸地点を歴史的遺産と定め、立ち入りを禁止するという指針だという。メキシコ国境に壁をつくるなどと騒いでいる間に、アメリカは宇宙へのフロンティア拡張を着々と進めているのである。(『世界はなぜ月をめざすのか』佐伯和人著より)

ユートピア物語が海上を舞台とした航海者の漂流譚を発端にもつ(花田清輝)ことから宇宙へと拡張されたのが17世紀である。ティコ・ブラーエの天体観測データと天体運動の整合性を検討したケプラーが、天体運動を円運動から楕円運動であることを導き、地動説は自明のものとなった。ケプラーは『夢』という月旅行の空想科学小説を著し、同時代のミルトン『失楽園』にも影響を与えたという。

20世紀が16世紀、ルネッサンスからマニエリスムに対応するとすると、21世紀は17世紀、ケプラーやスピノザの世紀と対応するのではないか、と勝手に思っている。18世紀が啓蒙主義の時代とするならば、17世紀は一言でなんといえばよいのか(人口に膾炙されたことばとしては、「バロック」だろうか)、わたしにはわからないが、ケプラーのような独創的、先駆的な研究が行われ、次の世紀にその成果が結実していくという過度的な時代であり、21世紀も22世紀にその成果が結実するような時間になるのでは。宇宙(極大)とiPS細胞(極小)のような二つの流れ、つまり円から楕円のように二つの中心が、あるとき一つに結びつくのが22世紀であるのではないか。

それにしても、今年は「月」(あるいは宇宙)についても学習することにしたい。

*日本では現在興味のある井原西鶴や近松門左衛門、関孝和(数学者)も17世紀人である。



by kurarc | 2019-02-20 23:13 | nature

神代植物公園 バラと音楽

b0074416_13583441.jpg

秋のバラの季節、神代植物公園バラ園に出かけることが習慣になってきた。今日は天気もよく、バラは満開。

たまたま午前11時からコンサートがバラ園ステージで行われるということで、演奏も鑑賞。演奏は"TRIO KARDIA"(”KARDIA"とはギリシャ語で「心」を意味するという)という国立音大卒業の女性トリオ。ピアノ、バイオリン、フルートという3人編成。天気がよく、背景に満開のバラを眺めながらの演奏はすばらしく、CDを販売していたこともあり、映画音楽を集めたCDを購入。

どのような曲が入っているのかもわからず購入したが、「ラ・ラ・ランド」や「ロシュフォールの恋人たち」といった大好きな映画の曲が並ぶ。コンサートを聴きながらピアソラの曲をやってくれたら、などと思って聴いていると、アンコールでピアソラのリベルタンゴを演奏。(こうした曲はすでにポピュラーになったことを実感する)

多分わたしの娘のような世代であるから、この世代とは音楽の趣味が合うのかもしれない。ブログで早速紹介しておく。

*バラの写真はフランスのバラ。名は”Destiny"(避けがたい運命)


b0074416_13585144.jpg


by kurarc | 2018-10-28 13:59 | nature

箱根湿性花園

b0074416_22023265.jpg

箱根湿性花園は年に一度は訪れる。植物園であるから、植物を見に行くのであるが、それだけではない。植物を観るだけでなく、あの場所に行くことが目的なのである。単に好きな場所なのである。湿性花園に行くと、常に立ち寄るのはポーラ美術館。昨日はルドン、それにモネの絵画を楽しんだ。こちらも単に好きな場所(建築)であるから立ち寄る。

昨日は快晴。あの場所に行って、ススキが風に揺らいでいる姿を見るだけでよい。揺らぐ音を聞いていると、わたしになにか話しかけているのでは、と思えてくる。空気がきれいなのもよい。冠雪した富士を眺めながら、駿河湾や相模湾を望むランドスケープを感じることも東京のような場所ではできない。

箱根は東京から最も行きやすく、食べ物もおいしく、それに過剰に混雑していないのがよい。今回は小田原を起点にドライブを楽しんだ。小田原も豊かな街で好きな場所である。神奈川は湘南だけでなく、こうした西南部の観光地は捨てがたい。

by kurarc | 2018-10-22 22:05 | nature

サルディーニャ島のマラリア 免疫と遺伝子

b0074416_20282006.jpg

多田富雄氏の著作『免疫の意味論』は難解な書物である。1990年代に免疫学が注目されたとき、この書物はその中で、必須の文献として紹介された。今更ながら読んでいるが、かなり専門的な内容であり、細部にわたって理解することは困難である。

芸術にも造詣のの深い多田氏の著作であるため、章の始めに芸術に関する話題を導入部に述べる箇所が何章かにある。第11章では、イタリアの孤島、サルディーニャ島の文化に触れながら、この島に流行したマラリアについて言及している。

サルディーニャ島はムッソリーニが大がかりな土地改良や湿地の埋め立てを行う第二次大戦前までは、マラリアが流行したという。しかし、島民はマラリアで全滅しなかった。それはなぜか?島民が生き延びた理由は遺伝病にあった。地中海性貧血と呼ばれる血液の病気をもつ島民が多かったため、マラリアが赤血球に侵入することができなかったのだという。

地中海貧血の患者はマラリアに強い抵抗性を示したため、マラリアの流行を防いでくれたということである。サルディーニャの島民は、地中海貧血という病の代償ははらったものの、致命的な病から救われたことになる。

多田氏はこうした歴史的背景から、悪いと思われる遺伝子を排除することの危険性を指摘する。遺伝子操作が注目されているが、こうした歴史的背景を認識しておくことは重要である。今後、悪いと思われる遺伝子を取り除いていくような治療が許可されるようになったとき、人間は思わぬ陥穽にはまりかねない。そのことを十分肝に銘じておかなければならない。



by kurarc | 2018-09-17 20:27 | nature

自然という人格

台風の巨大な力に驚いていたのもつかの間、北海道で巨大地震が発生した。この台風と地震とには何らかの関係があると思われるが、人間は未だに大自然を把握することはできないし、今後もすべてを把握できるとは思えない。

様々な自然からの復讐が始まっているように思えて仕方がない。わたしの子供時代は公害問題が大きく取り上げられた時代であった。四日市ぜんそくなど大気汚染や工場排水による水の汚染が大きく取り上げられた。そうした問題は徐々に解決されていったが、その後、大量消費社会に移行し、ゴミ問題、特にプラスチックなどの大量廃棄が海を汚染するようになった。

わたしは自然には人格があり、人間と同じように、会話できる存在なのだと思っている。動物とコミュニケーションするための言語は存在しないが、それは人間が無能なだけで、何らかのコミュニケーション手段があるのだが、まだ気づかないだけなのではないか。星の王子さまのように動物たちとコミュニケーションできる日がくるのではないか。わたしはまず鳥と話がしたいと思っているが、そのときどのような会話がかわされるのか?きっと、人間は鳥たちからいじめにあうに違いない。

自然という人格がどのようなものか、それを知るための学問があれば、今からでも学びたい。


by kurarc | 2018-09-07 12:51 | nature

心身と鳥のさえずり

以前、高層階の病院に入院したときに気づいたが、朝、目が覚めても鳥のさえずりが聞こえないことが妙に不自然であったことである。井の頭公園近くに暮らしている、ということもあるが、朝、目が覚めると何らかの鳥のさえずり(鳴き声)が聞こえてくる。

鳥の鳴き声に興味を持って、野鳥を観察するようになったが、最近ではその鳥のさえずりがCD化され、本とともに販売されている。わたしも一冊もっていて、たまに、鳥の鳴き声を覚えるために聞くが、この本によれば、鳥の鳴き声を聞くと、セロトニンの分泌が促進されるのだという。

セロトニンは、脳を緊張、興奮状態にさせるノルアドレナリンやドーパミンと、抑制させるGABAのような神経伝達物質のバランスをとる役割があるのだという。つまり、心身のバランスをとるのに欠かせないホルモンなのだそうだ。さらに、鳥のさえずりは、高周波で、規則性と不規則性が混在したいわゆる「1/fゆらぎ」をもつことからも、心身をリラックスさせてくれる効果があるという。(『聞くだけで極上の癒し CDブック 心地よい鳥のさえずり』日本野鳥の会監修より)

わたしが鳥のさえずりに興味をもったのは、もしかしたら、心身の疲れを癒やそうと自然に身体が反応したのかもしれない。日常の中で鳥のさえずりを聞くためにも、樹木の高さを遙かに超えるような超高層ビルには暮らしたくない。鳥のさえずりが聞こえる程度の低層階の環境がわたしには向いていると思う。

by kurarc | 2018-06-30 23:33 | nature

波へ 音と光

久しぶりに風邪をひいてしまった。やっと落ち着いてきたが、この間、頭の中にあったのは「波」についてである。

協力させていただくことになった音響設計事務所の所長さんからお借りした『騒音・振動環境入門』(中野有朋著)のまえがきに、「・・・人間は、まさに波間に漂う小舟のようなものである・・・」という文がある。これは、比喩でもなんでもない。この場合、「波」とは音(騒音)であり、振動であり、電波、電磁波、また、光という波etcなど様々な「波」の中に知らずのうちに囲まれている、ということである。

今年のわたしのテーマはこれらの「波」を数学的、物理的に理解すること(フーリエ解析など)、さらに、環境の中の波について理解すること、それらをどのように建築に昇華していくかについて考えること、特に、光についてはカメラを通じて考えてみること等々とすることにした。

我々は誰もがサーファーである、ということかもしれない。我々は様々な波をどのように乗りこなしていくのかについて無意識に学んでいる。それらをもっと科学的に捉え直すことが今年の目標である。音にしても、今までは感覚的につかんでいただけであった。楽譜を正確に読めばよいということでもないし、音楽理論をマスターするということでもない。音響設計に関わることは、音を物理的に解析できるような視点を持つことが要求されることになる。

「波」という言葉はなんと魅力的な言葉であろうか、「波」という言葉からどれだけの世界が広がっていくだろう・・・

by kurarc | 2018-06-10 11:38 | nature

井の頭公園のムサシノキスゲ

b0074416_19024188.jpg
井の頭公園でムサシノキスゲが開花し始めた。以前このブログで、府中の浅間山(せんげんやま)に群生するムサシノキスゲについて取り上げた。実は、井の頭公園の梅園近くの斜面にも植えられていて、ゴールデンウィークの頃に咲かせるのである。

ムサシノキスゲは、幻の花。武蔵野にオオムラサキの蝶が羽ばたいていた頃、どこにでもみられた花であったと思われるが、現在は、浅間山などごく限られた地域でしか見ることができない。

井の頭公園のものは、まだ群生まで達していないが、昨年より増えている気がする。あと10年、20年したら、井の頭公園の名物になるのかもしれない。季節柄、初夏を知らせる花と言えるだろう。開花は一日だけ。日陰にあるものはまだ開花していない。見たいのであればこの1週間しかない。

*写真は、2017年5月11日早朝に撮影された井の頭公園のムサシノキスゲ。多分、浅間山から移植されたものと思われる。

by kurarc | 2017-05-11 19:05 | nature

テニスをする鳥

b0074416_22171882.jpg
最近、小学校時代の幼なじみと、野鳥を楽しむ会のようなものをつくった。わたし以外の二人は、カメラ機材もプロ級で、巨大な望遠レンズを担いで、現場に現れる。

わたしは野鳥は好きであったが、観察するようなことはしていなかった。少し前のブログで野鳥がわたしに話しかけてきた、といったようなことを書いたが、それは、いわゆる「聞きなし」というもので、野鳥の鳴き声を人間の言葉のようにわたしが聞いてしまった、ということのようである。

野鳥の何に興味があるかといえば、そのすべてに、ということだが、野鳥の観察が具体の科学を学ぶ格好の材料となることが最大の魅力である。鳥の飛行、鳥の形態及び身体の構造、羽毛の機構、鳴き声、羽毛の色彩、その生態から活動、行動に到るまで、野鳥を学ぶことは、真に生きた科学を学ぶことに等しい。

現在特に注視しているのは、野鳥の鳴き声である。井の頭公園に響く野鳥の鳴き声に耳を澄ますことが日課となっている。野鳥たちがどのようなコミュニケーションを行なっているのかも気になる。野鳥は、「自然という都市」の中に暮らしている生き物と考えてみても良いかもしれない。自然が野鳥たちの障害物となって、そのため、鳴き声を発達させたという見方も存在するからである。

人間の言語の誕生と野鳥の鳴き声との関係を真剣に研究する学者も現れている。この辺りが、わたしの最も注目するところである。

カラスの中には、テニスコートでテニス遊びの真似事(もちろん、ラケットを持ってやるようなものではない)をすることが観察されているという。大脳が最も進化したカラスは、今後もわたしたちをアッと言わせるような習性を身につけていくかもしれない。

今、鳥がおもしろい。

*写真は、アントニオ・カルロス・ジョビンのアルバムのタイトルにもなったブラジルの小鳥「Matita Pereマチータ・ペレ」。

by kurarc | 2017-03-16 21:39 | nature