カテゴリ:cinema(映画)( 246 )

トニーノ・グエッラ 生誕100周年

トニーノ・グエッラ 生誕100周年_b0074416_16182581.jpg


今年、イタリアの脚本家(作家、詩人)、トニーノ・グエッラ(上画像、トニーノ・グエッラ ミュージアムより借用)が生誕100周年であることに気がついた。すでに2012年に逝去されているが、わたしはこの脚本家(映画脚本家)がいなかったらこれほど映画を観るようにはならなかったと思う。

彼は、ミケランジェロ・アントニーオーニ、フェリー二、マルコ・ベッキオ、タルコフスキー、テオ・アンゲロプロスといった名だたる巨匠の映画の脚本を担当している。以前にも書いたが、わたしが映画の脚本を意識するようになったのは、アンゲロプロス監督の『シテール島への船出』という映画であった。映画の最初で、「私だよ」(ギリシア語で「エゴイメン」)という単純なシナリオがいかに大きな意味を持つのか、考えされられた。ラストのシーン、「夜明けだ」、「いいですよ」という夫婦の会話が交わされたのち、浮桟橋は海の彼方へと消えていく。この映画の最も美しいシーンだが、この会話はその美しさを壊すことのないミニマルな言葉で締めくくられている。

残念だが、日本語で読める彼に関する書籍は見当たらない。研究者や彼のファンは多いはずだが、ウィキペディアでも資料の紹介はない。作家のイタロ・カルヴィーノと同時代人であるから、スペイン戦争を青春期に知り、第二次大戦では、ドイツのファシスト連合部隊と何らかのかたちで戦闘した世代かもしれない。その経験から、彼の詩的な表現は導きだされたのだろう。

彼の関わったシナリオの映画をすべて観ているわけではないが、可能な限り観たいし、すでに観た映画もまた観直したい。また、彼に関する資料もできるだけ収集したいと思っている。イタリア文化会館などで何か催し物があることを期待したい。

*トニーノ・グエッラの「グエッラ」(Guerra)は、「戦争、争い」を意味する。これが本名であるらしいので、不思議だ。

*彼のミュージアムのHPによれば、第二次大戦中、グエッラはドイツに強制送還され、収容所生活の中で、物書きとしての素質を発見した、とある。

*ミュージアムの場所は、彼の晩年の住居に建設されたようだ。サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニという街で、リミニの西10kmほどのところである。

by kurarc | 2020-06-03 13:14 | cinema(映画)

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』_b0074416_22040781.jpg

原作や漫画ではかなりヒットしたものらしいが、残念ながら映画の出来は今ひとつだった。映画では、太宰の『晩年』と夏目漱石の『それから』を主題にしている。古本とミステリーを重ね合わせたテーマは興味深いが、なにか歯車が噛み合っていないような感覚である。

まずはロケ地である。中心は鎌倉であるが、鎌倉で収まらずに様々な場所をコラージュして制作されている。こういう場合、できれば一都市のなかで完結させたいところだろうが、舞台が鎌倉だけでは足りなかったのだろう。鎌倉の風景を知っているものには、やはり違和感がぬぐえない。

過去と現在を交錯させた描き方も少し稚拙で、舞台の古書店はセットであると思われるが、古書店や看板のデザインなどにリアリティ、説得力がない。ヨーロッパあたりであれば、実際の古書店が舞台として使えるのだろうが、日本では舞台として使用できるような優雅な古書店は限られている。

いろいろ不満は残ったが、かといって観ることのできない映画というわけではない。主人公の黒木華さんの演技がよいこと、野村周平さんの演技の素直さもよい。

昭和の文芸ものの情景を描くような映画はもはや撮影舞台が難しいだろう。日本から昭和が急速に消滅しつつあるからである。昭和の人間としては悲しいが、最近、昭和が懐かしいというより恋しい想いが強い。いろいろ問題の多い時代ではあったが、まだ舗装道路もあまりなく、雨が降ると、砂利道に水たまりができる。そのような道が最近よく思い出される。

この映画では、最後にサザンオールスターズの『北鎌倉の思い出』という曲が流れるが、原由子のボーカルが新鮮でよかった。

by kurarc | 2020-05-29 22:01 | cinema(映画)

映画『ちはやふる』

映画『ちはやふる』_b0074416_21020808.jpg

2年ほど前、かなり話題になった日本映画『ちはやふる』の上の句、下の句、結びと3本を鑑賞。原作は漫画で、かなり緻密に描かれているようだが、それとはまた違った魅力を映画で表現できたのではないか、と思わされた。

競技かるたをテーマとしてこれほど魅力的な映像とストーリーを組み立てられるのかという驚きとともに、日本映画は、こうした学校(学園)を舞台としたものに優れた映画が多いように思う。

百人一首のかるた遊びは小学生の頃、正月になると友達らと集まって楽しんだものだが、それ以降、まったくやらなくなった。日本的な遊び(スポーツ?)と言える競技かるたと現代の高校生の一瞬の輝きとしての時間をうまく表現したこの映画を観ていると、日本の言葉の豊かさに改めて気づかされたし、古典をもう一度学び直したい衝動にかられた。そして、この映画は、競技かるたについてだけでなく、高校生たちの友情、絆を同時に表現しているところが優れている。

映画の中で、「ちはやふる(ちはやぶる)」の意味を説明する場面がある。「ちはやふる」とは、たとえれば、静止しているように回転しているコマであるというのだ。スタティックな激しさを表現する言葉なのだという。今まで、この言葉にこんな意味があることなど考えたことはなかった。

この映画は、完璧な娯楽映画なのだが、それだけではない。映画の構成の仕方も見事で、3本それぞれの仕掛けも異なり、まったくあきることはなかった。学園もの映画の傑作と言えるだろう。

by kurarc | 2020-05-15 21:00 | cinema(映画)

市川崑監督 映画『雪之丞変化』

市川崑監督 映画『雪之丞変化』_b0074416_22213702.jpg

素晴らしい映画に出会った。市川崑監督の『雪之丞変化』である。

市川崑監督というと、わたしの世代は金田一耕助シリーズ映画というイメージであったが、市川監督の特に1960年前後の文芸作品に名作が多いことが今になって気がついたのである。そのきっかけは、泉鏡花原作の『日本橋』を観たことであった。この映画のクオリティーの高さに驚き、次に観たのが『雪之丞変化』であった。

長谷川一夫の一人二役。親の仇をとるために剣術を身につけた男であり、一方、女形の看板役者という二面性をもつ役。その脇をかためるのは、山本富士子、若尾文子、市川雷蔵、勝新太郎他。それぞれ個性的な配役を演じきっている。

映画の面白さをこれでもか、と味あわせてくれる映画である。金田一耕助シリーズでもそうであったが、市川は映画のエンターテイメント性をどのような種類の映画でも忘れることはないようだ。また、映画音楽にも驚いたのだが、こうした時代劇にジャズを取り入れ、あの『死刑台のエレベーター』のようなトランペット音が響く。名作であり、傑作であった。

by kurarc | 2020-04-30 22:48 | cinema(映画)

映画『旅の重さ』

映画『旅の重さ』_b0074416_21290937.jpg

『旅の重さ』という映画を久しぶりに観た。いつ頃観たのかまったく思い出せない。多分、10代の頃、地元の映画館で観たと思う。ギターの3フィンガーのイントロで映画音楽がはじまる。曲は吉田拓郎の「昨日まで、そして明日から」。

良い映画だったという記憶があり、また、旅をあつかっているということもあり、衝動的に観たくなったのである。監督は斎藤耕一。主演は高橋洋子。脇役として秋吉久美子がでるが、この二人のデビュー作であるという。その他、三國連太郎、高橋悦史、岸田今日子など名優が軒をつらねている。

女子高校生が四国のお遍路さんになりすまし、母子家庭の環境から逃亡し、家出同然の旅にでる。その中で様々な出会いと別れ、裏切りなどを体験しながら大人に成長していく映画である。

久しぶりに観て、まず驚かされたのはカラー映像の美しさとロケ地の美しさであった。オール四国のロケであったが、特に愛媛県西端の外泊の集落の石垣は美しく、貴重な建築映像資料となっている。

1972年の映画だが、まったく古臭くない。確実に日本アカデミー賞のレベルの映画である。映画館で味わいたい映画である。

*原作者、素九鬼子さんはこの4月5日に逝去されていた。ご冥福をお祈りしたい。

by kurarc | 2020-04-10 21:29 | cinema(映画)

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』_b0074416_19542845.jpg

新型コロナウイルスのこともあり、外出は控えている。映画好きには室内でいることは苦にはならない。今日は、映画『ガーンジー島の読書会の秘密』を観る。

構成に優れた映画であった。派手なことは何一つやっていないが、手も抜いていない。映画の展開がすばらしいし、飽きさせない。このようなオーソドックスな映画は大好きである。観ることが疲れないし、映画の鑑賞者のことをよく考えた映画だと思った。

ガーンジー島というフランス寄りに存在する島について初めて知った。この映画のストーリーはフィクションなのかノンフィクションなのかはわからないが、ありえそうな物語である。事実であればすばらしい物語。主演のリリー・ジェームズを観たのはこの映画が初めてだが、少し癖のある表情で演技派の女優に入るのかもしれない。演技が自然で好感がもてた。

この映画でイギリスの様々な作家、詩人の言葉が登場する。この映画は、ナチスに島が占領されたその歴史より、むしろ、言葉の大切さを教えるためのすばらしい映画であった。

by kurarc | 2020-03-22 19:52 | cinema(映画)

写真家ウイリアム・クラクストンのドキュメンタリー映画 『JAZZ SEEN』

写真家ウイリアム・クラクストンのドキュメンタリー映画 『JAZZ  SEEN』_b0074416_19272348.jpg

ジャズ・ミュージシャンの写真で有名なウイリアム・クラクストンの『JAZZ  SEEN』(2002年)というドキュメンタリー映画をみる。

このドキュメンタリーの音楽を担当したのは、ジャズ・トランペッターのティル・ブレナーだが、こちらのサウンドトラックは随分と前に購入し、音楽を楽しんでいたが、肝心のドキュメンタリー映画の方は未見であった。

映像と音楽がこれほどかみ合っているフィルムも珍しい。クラクストン自体、ミュージシャンのようなカメラマンだったからそれは当然かもしれないが、ティル・ブレナーの力も大きいのだろう。ティル・ブレナーが作曲した『Clax's  Theme』はミュートを使ったトランペット音だが、その音は、マイルズともチェット・ベイカーの音とも異なり21世紀らしい音に仕上がっている。サウンドトラックは、このテーマ曲とその変奏の合間に、ルイ・アームストロングやダイアナ・クラール、エラ・フィッツジェラルド、デューク・エリントンらの音楽で彩られている。サウンドトラックの副題が「カメラが聴いたジャズ」とあるように、クラクストンの写真から発せられるような音楽に仕上がっている。

映画の中でクラクストンは興味深いことを話していた。モデルとなったミュージシャン(ダイアナ・クラール)にあるポーズをお願いしていたが、そのようにポーズをとることはまったく期待していなかったのだという。そのポーズをとることが恥ずかしい、といったその表情を撮影することが狙いだったというのである。本物の写真家とはやはり戦略家なのである。

写真家ウイリアム・クラクストンのドキュメンタリー映画 『JAZZ  SEEN』_b0074416_19273141.jpg


by kurarc | 2020-01-23 19:27 | cinema(映画)

フェリーニ 『アマルコルド』

フェリーニ 『アマルコルド』_b0074416_22105208.jpg

初めてイタリアのリミニを訪れたのは1984年10月26日である。これ以後、一度も訪れたことはないが、この都市はフェリーニの故郷であるという。その時、そんなことは少しも知らなかったが、建築に興味のある人間は、テムピオ・マラテスティアーノという建築物を見にこの都市に行く。ルネサンス期にこの建築物の改修に携わった建築家がアルベルティだからである。

中世の構造体の周囲を囲むようにルネッサンス建築をデザインしたこの建築物は、興味深いことに、中世の開口部の位置をある意味でまったく無視するようにルネサンスの構造体で被覆するようデザインされている。それは、中世期の窓とルネサンス期のアーチのズレとして表現されているが、現在から見ると、非常にモダンな改修方法に思える。もし、中世の窓の配置に対して、過剰な気の使い方をしていたならば、ルネサンス期の意匠は中世の意匠と同化し、新たに付加したという意図が不明瞭になっていたと思う。

それはさておき、フェリーニの『アマルコルド』(”アマルコルド”は、ロマーニャ地方の方言で、「わたしは思い出す」という意)は、フェリーニの幼少体験、あるいは幼少期の記憶の断片を四季の季節の中に織り込んだような映画で、そうした断片の積み重ねとアルベルティの手法とがわたしには重なって見えてきたのである。

この映画の中には、幼少期に体験した二人の年上の女性との失恋(別れ)も描かれており、少年が大人へと成長していく人生の中の断片を切り取ったような映画である。『フェリーニのローマ』に続く映画であり、1970年代の傑作の一つといえる映画だろう。四季という時間の経過はあるが、その流れは曖昧で、様々なエピソードの積み重ねとして描かれている。それぞれのエピソード一つ一つが強烈であるために、むしろ時間感覚が後退してしまうのだろう。映画のラストになって、わたしは初めて四季が描かれていたのだと気づかされた。

この映画は物語でありながら、その物語性が希薄なのは、フェリーニとシナリオを協力しているトニーノ・グエッラの意図、構成力によるものだろう。



by kurarc | 2020-01-19 22:09 | cinema(映画)

フェリーニ生誕100年

フェリーニ生誕100年_b0074416_22082885.jpg

今年はフェデリコ・フェリーニ監督生誕100年となる。イタリア文化会館で、フェリーニ映画の上映ほか、イタリア映画祭ではフェリーニ映画の特集が予定されているという。

このブログでもいくつかフェリーニの映画の魅力を伝えてきた。以前も書いたが、わたしのフェリーニ体験は沖縄在住時、1985年だったと思う。テレビで『道』を観たのが初めてだったように思う。その後、溝口健二監督の映画に出会って、昨年末、『西鶴一代女』について書いたが、フェリーニのジュリエッタ・マシーナ(フェリーニの奥様)と溝口の田中絹代が重なって見えるようになった。

ジュリエッタ・マシーナと田中絹代は共に1950年代に汚れ役に取り組んで、その演技力により多くの賞を獲得している。いつも言っているように、わたしはこの『道』(付け加えるなら、『カビリアの夜』も)と『西鶴一代女』の二つはわたしの映画評価の中でベスト10に入る映画である。

ネオ・リアリズモを継承する作家として期待されていたフェリーニは、この『道』でその路線を外れたことから、その手の批評家に厳しく批判されたらしい。また、わたしは溝口とフェリーニが何らかの影響関係にあるのではと思っているが、『道』で道化師を演じたジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)の扮装は、アメリカのコミック「ハッピー・フリーガン」からインスピレーションを得たものだという。(STUDIO VOICE 9 『特集 フェリーニ主義』より)

フェリーニの映画をすべて観ているわけではないので、今年は未見の作品を中心に楽しみたいと思っている。

*『カビリアの夜』の「カビリア」は、ジョバンニ・パストローネのサイレント史劇『カビリア』に由来するという。そのヒロインの名前は、ガブリエーレ・ダンヌンツィオが命名したもの。



by kurarc | 2020-01-10 22:08 | cinema(映画)

映画『西鶴一代女』再び

映画『西鶴一代女』再び_b0074416_11403787.jpg

今年の映画の見納めは『西鶴一代女』とした。早稲田松竹で鑑賞。

いつもながら、お春を演じた田中絹代さんの演技に圧倒される。フェリーニの『道』のジュリエッタ・マッシーナの演技と重なるが、わたしはこの田中絹代さんの演技が優っていると思う。映画を観終わったあと、拍手をしたくなる、そんな演技である。

三船敏郎さんが映画の最初に登場するが、田中絹代さんの陰に隠れて、大きな印象を残さない。三船さんは黒澤映画で輝くことになる。この映画『西鶴一代女』は、黒澤明監督が『羅生門』でヴェネチア映画祭グランプリをとったことに触発され、溝口健二監督が力を入れたことで知られている。

当時の笑い話だが、『羅生門』が誰も賞をとるなどとは思ってもいず、ヴェネチアに映画界からは誰も代表団を送っていなかったという。賞が出るとわかり、日本大使館から慌てて人を送り、賞を受け取った、ということが依田義賢さんの著書『溝口健二の人と芸術』に書かれている。敗戦から間もない日本で、当時誰もが日本の映画がすでに世界を感動させるような力量を持っていることなど誰も思ってもいなかったのである。映画『羅生門』は、そういった意味では日本人をいい意味で裏切り、日本人に希望を与えた映画となった。

『西鶴一代女』をみていて感じられないが、撮影には相当苦労したらしい。依田義賢さんの前掲書には、撮影場所の近くに京阪電車が通っていて、その電車音を避けた合間に撮影されたということである。溝口監督は、同時録音にこだわったこともあり、カットの長さを把握し、電車が行きすぎたことを見計らって撮影されたという。

『西鶴一代女』はお春という一人の女の転落していく人生を描いているが、田中絹代が幼い頃から苦労してきた実人生とも重なってみえる。それは、「がんばれば」変えられるような人生でもない。前回のブログでも紹介した河合隼雄さんの著書の最後の章に書かれているが、自己実現をすることの辛さを描いた映画とも言える。これを、河合さんは、「それ=無意識」に対比して「あれ=外で起こったこと」と表現している。これは、大江健三郎の小説『人生の親戚』から学んだ表現である。お春は自分の内面ではなく、家族や男、時代という外の世界に翻弄され転落していくが、そうした外の世界「あれ」も自分とは切り離しようもないのである。

そして、お春の人生は、わたしの母の人生とも重なって見える。この映画が好きな最も大きな理由がそこにある。

by kurarc | 2019-12-31 11:39 | cinema(映画)