カテゴリ:りぶうぇる練馬ディサービスセンター( 17 )

りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17) 外壁材・耐火被覆材施工

りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17)  外壁材・耐火被覆材施工_b0074416_00035212.jpeg
りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17)  外壁材・耐火被覆材施工_b0074416_00040727.jpeg


りぶうぇる練馬ティサービスセンターの外壁材(ALC版)設置と内部の耐火被覆がはじまった。

ALC版は厚50mmで、この上からリシンという吹き付け材を塗装し仕上げていく。梁の耐火被覆は、今回、巻きつけるタイプ(写真、下)を選択している。柱の耐火被覆はボードにて行う。

外壁材が施工されると、内部の部屋の大きさが明確に把握できるようになる。光の入り方も、おおよそつかむことができるようになる。

来週からは、内部の軽鉄(壁材の下地材)の施工に移行していく。並行して、外部周りの防水工事も進んでいく。


りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17)  外壁材・耐火被覆材施工_b0074416_00042179.jpeg


by kurarc | 2020-05-24 00:05 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(16) アルミサッシ取り付け開始

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(16)  アルミサッシ取り付け開始_b0074416_17095093.jpeg

りぶうぇる練馬ディサービスセンターは、いよいよアルミサッシの取り付けが始まった。1階から順にサッシの取り付け高さを確認しながら、溶接して設置していく。今週中にはすべてのサッシの取り付けが完了する予定で、来週より、外壁のALC版の施工にはいる。

写真下は最上階の北側斜線によって斜めに削られた外壁面(屋根面)の部分である。日本では、用途地域によって、こうした斜線制限があり、外壁の一部が削られ、北側に隣接する住宅等の日照(裏の住宅にとって南面になる)に配慮しなければならない。

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(16)  アルミサッシ取り付け開始_b0074416_17100098.jpeg

by kurarc | 2020-05-14 17:10 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(15) 外部胴縁施工

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(15)  外部胴縁施工_b0074416_20284161.jpeg

りぶうぇる練馬ディサービスセンターの方は、外壁の下地材となる胴縁が組まれてきた。やっと、建物の外形がイメージできるようになった。

今後は、まず外部廻りのアルミサッシを設置、溶接した後、ALC版(厚50mm)という外壁材(今回は横貼り)を組み立てていく。ローコストな建築であるため、こうした外壁材を選択せざるを得なかった。

近隣の方々には音の面などご迷惑をおかけしているが、いまだに苦情一つなく工事を進行させていただいている。このようなことは、実は本当に稀なことであり、感謝したい。

by kurarc | 2020-05-12 20:29 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(14) コンクリート打設後

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(14)  コンクリート打設後_b0074416_08070886.jpeg

りぶうぇる練馬ディサービスセンターの2Fコンクリート打設後の状況である。建設現場の閉鎖など厳しい状況が続いているが、我々のような小さい現場は密になって仕事をするような状態ではないため、仕事は続けることができる。しかし、コロナウイルスの影響は少しづくつ侵食してきて、現場の作業に遅れがではじめている。

今後も作業を慎重に進めて、無事に竣工を迎えられるよう努力するしかない。

by kurarc | 2020-04-22 08:07 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(13) コンクリート打設

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(13)  コンクリート打設_b0074416_18104020.jpeg

昨日の屋上階コンクリート打設に続いて、1階土間スラブのコンクリート打設が行われた。

コンクリートを打設しながら、一方で左官屋さんらが金鏝でコンクリート面をおさえ、平滑に仕上げていく。左官屋さんの腕の見せ所である。

明日、3階打設、来週2階と1階立ち上がり壁の打設という順に打ち、コンクリート工事は終了する。いよいよ、外壁廻りへの工事に移行していく。

by kurarc | 2020-04-08 18:10 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(12) ワイヤーメッシュ施工終了

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(12)  ワイヤーメッシュ施工終了_b0074416_08302879.jpeg

デッキプレートの上にワイヤーメッシュの施工が完了した。この上にコンクリートを打設し、まずは床、屋根のベースが形づくられる。

屋根にはさらにコンクリート上にモルタルで勾配をつくり、防水(アスファルト防水)をして雨水排水をする。

来週早々に中間検査を行い、その後、外部周りの胴縁の施工、サッシ取付から外壁(ALC版)の施工へと進んでいく。

by kurarc | 2020-04-04 08:31 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(11) デッキプレート施工終了

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(11)   デッキプレート施工終了_b0074416_21023171.jpeg

デッキプレート施工が終了した。このデッキプレートは構造をかねるもので、単なる型枠ではない。合成スラブといわれるもので、この上にワイヤーメッシュを敷き込み、コンクリートが打設される。

今日は斜線制限によって斜めになった3階柱の足元の溶接も行われた。今後、中間検査を受け、デッキ上にコンクリートを打設してから、外壁の下地の取り付けにはいる。

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(11)   デッキプレート施工終了_b0074416_21024421.jpeg

by kurarc | 2020-03-25 21:02 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(10) 建方(続)

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(10)   建方(続)_b0074416_20570172.jpeg


今日も建方の様子を見にいく。

今日は大梁から小梁、鉄骨階段の施工に進み、デッキプレート以外は一通り終了した。

明日からデッキプレートの敷き込み、明後日は外部足場の作業へと進んでいく。

by kurarc | 2020-03-17 20:57 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(09) 建方

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(09)   建方_b0074416_14123542.jpeg


本日から建方がはじまった。

鉄骨の柱、梁を現場に搬入して、組み上げていく作業である。

トビ職人の方々が一つ一つ柱を建て、梁を渡して組み上げていく。非常に危険な作業であるから、緊張感をもって作業にのぞまなくてはならない。万が一、鉄骨の柱でも倒したりしたら、大変な事故になってしまうし、通行人に怪我をさせるようなことにもなりかねない。

明日中に鉄骨を組み上げ、デッキプレートというコンクリートを打設するための型枠であり、構造となるプレートを梁上に敷き込みながら、外部の足場を組み上げていく。今週の作業はここまでだろう。

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(09)   建方_b0074416_14124992.jpeg


by kurarc | 2020-03-16 14:13 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(08) 基礎梁コンクリート打設終了

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(08)   基礎梁コンクリート打設終了_b0074416_21052732.jpeg


基礎梁コンクリート打設が終了した。打設したコンクリートの上部に突き出している鉄筋は、ふかし筋と基礎立ち上がりの鉄筋である。

基礎梁コンクリート打設時にふかし筋に付着したコンクリートはこれから取り去る。今後のコンクリートを打設するときに、鉄筋にコンクリートを密着させるためである。

いよいよ、再来週のはじめ、鉄骨の建方となる。(鉄骨の柱、梁を現場に持ってきて、組み立てていく)今後はやっと地上での工事に移行していくことになる。

by kurarc | 2020-03-07 21:06 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター