<   2018年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

絵本『動物たちは、建築家!』

b0074416_21574416.jpg
この絵本は、地元図書館で偶然目に入った。絵本『動物たちは、建築家!』の文を担当したのはダニエル・ナサル氏でチリ生まれ、バルセロナで活躍する建築家、絵はフリオ・アントニオ・ブラスコ氏でスペイン、バルセロナ生まれのイラストレータである。

14の動物たちの巣のつくりかた、材料やなぜそのようなカタチになったのかを活き活きとした絵と文で説明してくれている。

河川にダムを造ってしまうビーバーの巣の断面が描かれているが、二つの出入り口の勾配を変化させているのがわかる。一つの出入り口は枝を運びやすくなだらかな勾配に、もう一つは水の中にすばやく潜れるよう急勾配につくられる。

ミツロウでつくられたミツバチの巣は、正六角形の小部屋が並ぶ。これは最小のミツロウで最大の空間を確保するためだという。さらに、花の咲かない冬に備えて花粉や蜜を蓄える貯蔵庫としての巣なのである。

チンパンジーは毎日移動する生活を営むため、毎日樹上に枝や葉でベッドをつくるのだという。1頭のチンパンジーは生涯に19000ものベッドをつくると言われている。

この絵本をみていると、人間以外の動物たちは、人間よりも優れた建築家であることがよくわかる。動物たちはわたしの先生であった。文を書いたナサル氏もきっとそのことに気がついたのだろう。


[PR]
by kurarc | 2018-05-25 21:56 | books

細川博昭著『鳥を識る なぜ鳥は人間と似ているのか』

b0074416_21232648.jpg
都立多摩図書館でこの書物を見かけ、早速地元の図書館からとり寄せた。

まずはこの書物のタイトルに惹かれた。鳥と人間が似ている?普通だれもそのようなことは考えもしない。鳥には翼があるが人間にはないのだから。しかし、そうした相違があるにしても、この書物では、まず最初に人間の特性としてよく話題にのぼるいくつかの事柄、たとえば、道具を使う、二足歩行、文法に基づいた言語をもつ、頭脳をもつ、豊かな感情をもつ・・・といった要素すべてを鳥ももっていることを指摘する。

鳥に対する研究が近年格段に進化したのは、世界各地で発掘される恐竜の化石によることも大きいという。最近の発掘で恐竜には羽毛の痕跡がみつかり、恐竜と鳥との関連が明らかになってきたというのである。つまり、恐竜を識るには鳥を識ることが必要になってきたのだという。

こうした発見は図鑑にも現れていて、2010年代に発刊された恐竜には羽毛が描かれることが常識となっているという。現在、鳥の研究は、こうした恐竜の新たな発見との関連で大きく深化し、今、新たな鳥への認識が求められている、といえる。最近、野鳥の観察をはじめるようになったが、それは単に鳥の声やその色彩の美しさ、愛らしさからであったが、どうも鳥への関心は、動物学の中でかなり重要な位置を占めていることが理解できた。

この書物をまだすべて読んだわけではいないが、目から鱗がおちる、とはまさにこの書物の内容のようなことである。地球外生物への関心も悪くはないが、身近に暮らす鳥たちに目を向けることの大切さを改めて教えてもらった。今に、鳥たちとコミュニケーションが可能となることも夢ではない、と思わせる内容の書物である。

[PR]
by kurarc | 2018-05-20 21:22 | books

日常の中のデザイン21 手ぬぐい

b0074416_23533415.jpg
手ぬぐいはあまり使用することはない。圧倒的にタオルを使う。しかし、建築現場でヘルメットを被るとき、夏場には手ぬぐいを一枚、ヘルメット内に入れて、汗取りとして使用する。剣道をする人はよく知っていると思うが、面を被るときに頭に巻くあの手ぬぐいのように。

手ぬぐいを1枚しかもっていなかったこともあり、「nugoo」という東京駅前KITTE内の店(上写真、nugooのHPより引用)でフレンチブルーの市松模様のものを1枚購入することにした。「市松模様」の「市松」とは人名で、昔は「石畳」と言ったようだが、歌舞伎役者の佐野川市松が舞台衣装の袴などにこの模様を用いてから市松模様と呼ばれるようになったのだという。

店員の方に、手ぬぐいのについての素朴な疑問をぶつけてみた。手ぬぐいの端部はなぜ切りっぱなしなのか?タオルは端部の処理が四隅になされているが、手ぬぐいは長手のみである。

この質問に対して、店員の方いわく、「よく乾くようにこうしている」ということと、もう一つ、「手ですぐに裂けるように昔からこうなっています」とのこと。非常に合理的な理由で、納得した。反物をただ切断しただけだから、だとも思うが、そのあたりは定かではない。

[PR]
by kurarc | 2018-05-18 23:51 | design

ナディア・ブーランジェとミシェル・ルグラン

b0074416_21354331.jpg
『ミシェル・ルグラン自伝』第4章に「マドモワゼル・ブーランジェー音楽の母」という章がある。わたしの興味ある音楽家、ピアソラ(タンゴ)やジスモンチ(ブラジルのギタリスト兼ピアニスト)、ルグランetc.はすべて彼女の門下生であった。その彼女がどのような人間なのか気になっていた。以前、ブーランジェに関する本を借りたが、読む暇はなかった。

ルグランの赤裸々な彼女との交流の記述から、彼女の人となりがよく理解できた。やはり、彼女は厳格な教師であったようだ。授業に遅刻することを許さず、あるとき、ルグランに毎日手紙を出すように告げた、という。その手紙の中には「・・・16小節の作曲とひらめいたばかりの楽想を一つ。そこに哲学的概念を一つ加えること。この義務を一回でも怠ったら、あなたとは絶交です!」と言われたという。

ブーランジェは生涯、結婚することもなく、子供をもつことなど考えたこともなく、恋すら興味の対象外、勉強を邪魔するような一切のものを排除したという。彼女にとって恋は病気であった、とルグランは書いている。

しかし、ルグランはそのような彼女の教育に5年間付き合い、音楽の基礎をたたき込まれる。そして、感動的な話が書かれていた。ブーランジェにバレー音楽『リリオム』を作曲するように依頼を受けたが、プロの世界での契約や若気の至りで断ったルグランであったが、その依頼をうけてから60年後、バレー音楽『リリオム』の作曲に取りかかることになる。2010年のことである。すでに彼女は他界、しかし、彼女の望みを60年ぶりに果たしたのである。

そして、2016年に日本でもそのバレエが来日したらしい。これは観て、聴くべきであった。DVDはないだろうか・・・
b0074416_21360285.png

[PR]
by kurarc | 2018-05-17 21:34 | music

Rivetage(リヴェタージュ)のある風景

b0074416_21400341.jpg
仕事で水道橋の駅を降りたときに、たまたま水道橋のガード下を通過した。鉄骨造の橋桁がポルティコをかたちづくり、その下は道路と歩道が走る。

この鉄骨はリベット締めされた鉄骨である。わたしの母校の小学校体育館もリベット締めであることに最近気づいたが、1960年代くらいまで現在の高力ボルトに代わり使用された鉄骨を締め付けるための金属の鋲である。頭が丸いこともあり、鉄骨の表情が柔らかくなる。レトロな雰囲気も漂わせる。

1964年の東京オリンピックの時期に建設された鉄骨造はこのリベットが使用されている。(身近な事例は、東京タワーなど。もちろん、エッフェル塔も。)しかし、2020年の東京オリンピックに向かって、東京はこうした過去の建造物が次々と解体されている。前回の東京オリンピックにおいても、東京の風景は大きく変化し、過去の建造物、事物が数多く解体されたはずである。

失われていくものに対して、あたたかい眼差しを注ぐことがすべての分野で必要とされると思うが、水道橋のポルティコを歩きながら、無人のパリの風景を撮影したアジェの写真のように、こうしたリベット時代の鉄骨を写真に定着させておきたい、という衝動にかられた。

日本はよく木の文化の国と言われる。しかし、その木を加工し、固定するのは金属、すなわち、のこぎりやノミ、カンナ、和釘であった。こうした金属文化なしには高度な木の文化は存在しなかった。木と金属は一心同体であったはずである。

わたしは実家が鉄工所であったせいか、わたしの原風景は旋盤を使う父の姿や、旋盤から白煙をはいて飛び散る切子(螺旋状の金属クズ)であり、その機械音であった。そうした環境で育った経緯もあり、金属文化に親しみをもつのかもしれない。

当面、この被写体を「Rivetage(リヴェタージュ)」というフランス語をキーワードに定めておこうと思う。

東京を撮影するテーマが一つ、見つかった。

*金属のほか、石の文化や土の文化も忘れてはならない。
b0074416_21404772.jpg

[PR]
by kurarc | 2018-05-16 21:43 | lumiere

2級建築士 製図講師へ

某学校の2級建築士製図講師を務めることが決まった。今年の夏は忙しくなりそうである。

わたしは大学が美大ということもあり、1級建築士の受験資格を得るためには、まず2級に合格しなければならなかった。2級建築士合格はまず一つの大きな山であった。2級建築士を受験することなしに1級を受験できる工学部の卒業生をうらやましいと思ったが、現在ではそうは思っていない。すべての建築士は2級から受験すべきとまで思っている。

わたしの仕事は2級建築士が設計監理できる規模をぬけでていないのが現実なので、1級建築士の資格がなくても困ることはない。1級建築士はいわばステータスで、使用しないがもっていて当たり前という世界、それが建築士の世界である。大手の設計事務所でも勤務しない限り、1級を必要とはしない。宝の持ち腐れなのである。

その点、2級建築士は基本的に木造製図が必須(3年に一度、鉄筋コンクリート造になる)であり、設計事務所を営むものにとってもっとも身近な課題が提出される。また、相変わらず手書きの図面が要求される。このPCの時代に手書きを試されるとはいかがなものか、という議論も当然あるかもしれない。近い将来、CADによる試験が行われるようになるかもしれないが、手を使って描くことの大切さを学ぶ場として、2級建築士の製図は、CADが当たり前となった時代、ある意味で大変貴重な経験となる。

iPadにもPencilを使うように、どのようにITが進化しても、手でなんらかの発想をすることは、人間である限り、なくなることはない。手とPCの両刀づかい、二つの自由で柔軟な使い手こそ求められているといってよい。試験に合格するというだけでなく、その大きな目標の過程として2級建築士製図をとらえてほしいと思っているが、受験生にそこまでの余裕はないのも現実だろう。

[PR]
by kurarc | 2018-05-13 11:31 | archi-works

再び「民族音楽」へ

b0074416_18012701.jpg
先日、このブログでコルシカ島のポリフォニーについて書いたが、この音楽をきっかけに「民族音楽」に再び意識的に付き合いたいと思うようになった。井の頭コミュニティーセンター内図書館で、『民族音楽 世界の音を聴く』(江波戸昭著)を借りてくる。この書物を借りたのは、コルシカ島のポリフォニーが取り上げられていたからである。(わたしが所有していた他の民族音楽に関する本はコルシカ島のポリフォニーを取り上げていなかった)

江波戸氏は、「はじめに」の中で重要な指摘を行っている。すべの音楽は「民族音楽」である、と。われわれはそれらを時に「クラシック音楽」や「ジャズ」と呼ぶだけなのだが、このことを以外と意識していない人が多いのではないか。特に、クラシック音楽を「民族音楽」といったら、怒り出しそうな人もなかにはいるかもしれない。

但し、江波戸氏は、「民族・・・」という言い方には、西洋の規範に対する非西洋を対置する言い方であり、本来は好ましい表現でないという指摘も忘れてはいない。しかし、日本での表現の状況を踏まえてあえて「民族音楽」という差別化した表現を使用した、と断っている。

コルシカ島のポリフォニーにふれたが、それでは対岸のサルディーニャ島にはどのような音楽があるのか。この書物では、サルディーニャ島にもポリフォニー音楽があり、さらに、シチリアには・・・というように、音楽を通じて、世界を連続した文化として捉えられる見方が示されている。コルシカで言えば、これらの音楽はジェノヴァやニースあたりにも同様の音楽があり、ヨーロッパ本土とのつながりも指摘されていて興味は尽きることがない。

わたしの専門とする建築についても同様の見方が可能であろう。日本という枠を超えようとしても、日本という民族性がどこかに顕在化してしまうことをいち早く述べたのは建築家の坂倉準三であった。コルビュジェの弟子でありながら、その建築を吸収し、自らの表現を模索しながらも、坂倉はその中に「日本」という避けて通ることのできない民族性が現れることを述べている。坂倉が優れていたのは、初めから「日本」を意識し、表現しようとしていたのではない、ということである。「日本」を超えようとしているにもかかわらず、「日本」が避けようもなく現れることを指摘したのである。

「民族」という枠組みを超えることは果たして可能なのだろうか?民族を超える、ということを考えること自体、実はナンセンスなのかもしれないが、民族音楽を聴きながら、そのことについて今後も考えてみたい。

[PR]
by kurarc | 2018-05-12 17:52 | music

ライ麦パン プンパニッケル

b0074416_22504963.jpeg
わたしはご飯かパンかといえばパン派である。しかし、血糖値が高めということもあり、GI値の低いライ麦パン(あるいは全粒粉パン)を食べるようになった。

そのなかでもライ麦100%のプンパニッケル(上写真)をよく購入している。プンパニッケルは意外と多くのパン屋、またはスーパーで購入できる。いわゆるドイツパン、黒パンである。価格も思ったほど高価ではない。外出するときにはこのパンでサンドウィッチをつくり、今の季節であれば自家製のマリナードなどとともに昼食を楽しんでいる。

フランスパンも好きだが、一度プンパニッケルになれると物足りなくなる。ライ麦を噛みしめながら食べる感覚がくせになるのだ。残念ながら糖質は結構高いらしいが、GI値が低いので、食後血糖値の上昇が緩和されることを期待している。

こうしたライ麦パンを食べるようになって、グルテンについて気にするようになった。小麦に多く含まれ、中毒性をもつというグルテンであるが、血糖値を気にするようになってから、結果としてあまりグルテンを含むものを多く食べなくなっている。食習慣というものも、ネガティブに考えるとある意味で中毒性のものが発端になっていると言う見方も可能ではないか。麺類を食べずにはいられないような人はきっとグルテン中毒にちがいない。

健康にばかり気をつけていても疲れてしまうが、何も考えないわけにはいかない。世の中のあらゆることには、常に大きく対立する二つに流れがあって、そのどちらの立場なのかが問われる。食事のことで言えば、健康派なのか、健康無頓着派といったように。わたしはどちらかと言えば健康派かもしれない。口にするものは自分で納得のいく選択をしたい。それを眉間にしわを寄せてやるのではなく、楽しんでやっているだけである。

*写真のプンパニッケルは、薄切りにされているが、パンとパンがくっついて、うまく剥がれないという欠陥があるので注意。



[PR]
by kurarc | 2018-05-11 22:49 | gastronomy

塩分から 日本食の破綻

このブログでは、いわゆる日本食に疑問を投げかける内容の文章をたびたび書いている。今回は塩分についてである。

わたしは血糖値が高めであることから、先日、ある都立病院の食事指導を受けてきたが、ここで指導されたのは、糖分に関する点だけでなく、1日の塩分量についても指導され、この病院で塩分は1日6〜8gと指導を受けた。

最近、良心的な食事を提供することを装っている定食屋(その他、ファミレス)などでは、メニュー内にカロリーや塩分量などが表示されているが、たとえば、O屋の定食の塩分量をみてみると、定食1食で、1日の塩分量に達してしまっているもの、または、それを超えてしまっているものが少なくないのがわかる。その理由は、おかずだけでなく、定食には必ず味噌汁(その他、お新香など)がついてくるから、塩分量が必然的に多くなってしまうのである。

日本食には味噌汁がつきものだが、塩分摂取のことを考えると、1日1回飲んだとしても、塩分を相当の量摂取することになってしまう。これだけみても日本食に習慣となっている味噌汁、お新香(梅干しなど)といった食習慣は、破綻していることがわかる。

わたしは友人に味噌を買わないし、自宅で味噌汁は飲まない、などと言うと怪訝な顔をされるが、塩分のことを考えれば、当然のことなのである。毎食、味噌汁を飲む方がおかしいのであるが、そのことに日本食の好きな日本人はなかなか納得してくれないようだ。

塩分摂取はそれほど問題ないという主張もあるから、一概に言えないが、一般論を前提にすると、塩分に関しても労働食の延長として日本食(定食)が措定されているとしか思えないのである。

*塩分で言うと、今回病院の指導で気づかされたのは、パンに含まれる塩分である。パンにはかなりの塩分が含まれているから、食べ過ぎには注意が必要である。塩分の点から言えば、米の方が優れている。パン好きであれば、自ら無塩(減塩)のパンを焼くしかないだろう。

*1食で1日の塩分量を使用して定食を提供している定食屋は、そもそも、そのメニュー内容がおかしいと思わないのであろうか?情報を提供していることだけで満足していて、あとは、食べる側の良識、選択(定食とぜず、おかずだけ単品で頼むような選択)に委ねられるということなのだろうか?

[PR]
by kurarc | 2018-05-05 19:32 | gastronomy

倉木麻衣さんと吹奏楽

b0074416_00033841.jpg
ネット上で無料で手に入る楽譜(吹奏楽)を片っ端からiPadに保存しようと思い、検索していると、倉木麻衣さんの「渡月橋、君想う」の吹奏楽バージョンが無料でダウンロードできるページが現れた。こうしたサービスはめずらしい。この吹奏楽バージョンは有料でスコアが売られているから、スコア販売会社とどのような取り決めがなされているだろう?

倉木麻衣さんといえば、わたしには忘れられない想い出がある。ポルトガルの遊学から日本に帰った1999年12月、日本で一人の若い女性の新鮮な歌声がラジオから流れてきた。それが、倉木さんの歌『Love, Day After Tomorrow』であった。

ポルトガルに滞在中、宇多田ヒカルという歌手の歌がはやっているという噂がながれた。その名前を聞いて、男か女なのかもわからない。インターネットも当時はまだ今ほど普及していなかったから、日本のことなど何も伝わってこない。

帰国すると、今度はまた異なった女性がノリのよい歌を歌っているではないか。それも、まだ十代で。わたしには彼女の音楽が新鮮で、今でもこの歌が入っているCD『delicious way』をたまに聴き、当時のことを想い出す。

このCDは名盤だと思う。歌がうまいとは思えないが、下手ではない。彼女の声がよいし、彼女の品のいいところが好きである。これからも活躍を期待したい。

[PR]
by kurarc | 2018-05-05 00:04 | trumpet

Archiscape


by S.K.
画像一覧