<   2018年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

映画『PORTO』

b0074416_00451515.jpg

ジム・ジャームッシュ製作総指揮による映画『PORTO(ポルト)』を鑑賞。結論から言えば、この映画は、リスボンで撮影されたアラン・タネールの映画『白い町で』(1983年)のポルト版といえるものではないか、ということ。

この映画で再認識したのが、ポルトの都市(まち)の美しさである。この映画を観ていただくと、ポルトガルの都市が他のヨーロッパの都市とは異なる様相を帯びている、ということがわかるのではないだろうか。それは、霧がかかっていなくとも、霧に覆われたような都市、むしろ東欧諸国の都市の様相に近似しているのかもしれない。

映画に登場する"CAFE Ceuta"はどうみても21世紀のカフェとは思えない。それは日本で言うと昭和のイメージであり、1950年代くらいの雰囲気を漂わせる。"Ceuta"(セウタ)とは、ポルトガルがアフリカの植民地活動に乗り出したときに初めて足がかりとし、攻略した都市であり、現在はスペイン領となっている。わたしもモロッコへの旅はこの都市へスペイン、アルヘシラスから船で渡ることから始まった。

この映画は、アメリカ人(男)とフランス人(女)のラブストーリーだが、こうした物語はポルトガルや他のヨーロッパの都市においてもリアリティがある。様々なルーツの異なる人々が交錯し、そこから恋愛がうまれることはヨーロッパでは日常茶飯事だからである。そういった意味ではごく普通の物語なのだが、実は、この映画の主人公はポルトという都市なのである。『白い町で』もそうであったが、1980年代初期のリスボンという都市の暗さを映画の中でよく表現していた。人はその時代の都市という霧の中に包まれてしまう存在であり、都市という舞台から抜け出す訳にはいかないのだと思う。ポルトというポルトガル特有の濃霧状の都市の中で、男女は「ポルトのような」愛を交わすしかできないのであろう。この映画は、『白い町で』ほどの後味の悪さはないが、それに近い余韻を残して終わる。

時間の流れを感じさせない都市、時が止まったような都市ポルト。恋愛にはふさわしい都市と言えるのかもしれない。


[PR]
by kurarc | 2018-10-20 00:44 | cinema

台湾からアジアへ

台湾映画にすっかり魅了されてしまった。文化を知る上においても、また娯楽の面においても優れた映画が数多い。相変わらず、一日に数回は『不能説的・秘密』のサウンドトラックを聴き続けている。誰もがつくれそうなシンプルなメロディが多いが、通俗的な音楽になってしまいそうなメロディーとは一線を画して、ジェイ・チョウがつくる音楽には癒やされる。

あっという間に台湾に関する書物も増えて、10冊に届きそうになってきた。わたしの世代ではなつかしいテレサ・テンは、先日観た『軍中楽園』などにも名前が出てきたが、金門島へ慰問に訪れていたという事実も気になり始めた。台湾人は日本のなかに根付いているが、その過去、生い立ちなど想像したこともなかった。

日本の過去を消し去ろうとする韓国とは異なり、台湾では日本の過去を消し去ろうとすることをしないことにも複雑な政治的背景があることが少しづつ見えてきた。映画『藍色夏恋』では、好きな男の子の名をボールペンでひたすら書くシーンが登場するが、ふられた途端、その名前を木村拓哉に変える、というシーンがある。これは日本人や日本好きな台湾人しかわからないシーンであるが、こうした細部に日本が現れるのが今の台湾文化なのだろうか?

台湾を知ることは大きくアジアを知るための手がかりとなりそうである。そして、台湾はわたしのようなアジア初心者には近づきやすい地域であり文化である。今年は台湾イヤーとなりそうである。正月に久しぶり(34年ぶりとなる)に台湾旅行ができたらと思うが・・・

[PR]
by kurarc | 2018-10-19 00:22 | asia

映画『軍中楽園』

b0074416_22375785.png

映画『軍中楽園』は非情に興味深い映画であった。金門島に実在した「特約茶室」と呼ばれる娼館を舞台とした映画である。この中で繰り広げられる男女4人を中心とした悲哀の物語。

映画としての完成度は高く、今年観た映画の中で、最も楽しめた映画であった。金門島という台湾の特異点とも言える場所を恥ずかしながら初めて知ったが、この場所で行われた台湾、国民党軍の訓練についても初めて認識させられた。

この映画では注意深さが必要であると、青井哲人氏(明治大教授)が指摘するように、この物語は台湾の外省人に偏った物語であるということである。男女4人の内、3名が外省人として想定され、その外省人の悲哀と喪失観が強調され、美化されている、と青井氏は指摘する。そうした細部を読み込むためには、台湾の民族性に熟知していなければならない。

それにしても、そうした細部に目をつぶる訳にはいかないが、映画としての出来はすばらしいものであった。特に映像と映像のつなぎが絶妙であり、退屈しないし、喜劇と悲劇がうまく共存している。また、特に注意をひいたのは、娼婦を演じたレジーナ・ワンの抑制された演技である。この映画の中で最も光っていたと思われる。

台湾は魅力的な世界であるが、その民族の混交した社会を理解するのは容易なことではない。映画の中で悲哀を悲哀としてぼーっと眺めていることは許されないのである。その悲哀がどのような立場の人間から発せられているのかについて常に意識していなければ、大きな誤解を生みかねないということである。

[PR]
by kurarc | 2018-10-16 22:38

ベルイマン 映画『秋のソナタ』 母と娘の愛憎劇

b0074416_20084635.jpg
ベルイマン生誕100年映画祭が下高井戸シネマで開催されていることもあり、ベルイマンの映画『秋のソナタ』を初めて鑑賞。ベルイマンの映画はかなり前にいくつか観たが重い映画が多く、ずっと避けていた。しかし、傑作といわれている『秋のソナタ』はその重々しさが清々しさに変わる希有な映画であった。映画館は立ち見が出るほどの活気に満ちていた。ベルイマンファンは多いのだろうが、イングリット・バーグマン目当てに来られている方も多かったに違いない。

母と娘の確執、母と娘の愛憎劇と評される映画だが、その構成の簡素さ、母と娘の対話に絞った映画の作り方は、映画を観ているというより、生の演劇を鑑賞しているような迫真性が感じられた。ここでは、バーグマンよりも娘を演じたリヴ・ウルマンの演技が圧巻。

・・・のソナタというと、エリック・ロメールの『春のソナタ』や『恋の秋』を思い出してしまうが、こうした重厚な映画を観た後には、ロメールの映画も無性に恋しくなった。映画祭は19日まで。もう一回くらいは行けるだろうか。購入したベルイマンの生誕100年を記念したパンフレットもよい。様々な映画監督に影響を与えたというベルイマンを再度観るきっかけをつくってもらった気がする。

[PR]
by kurarc | 2018-10-14 20:06 | cinema

田村志津枝著 『台湾発見』 映画で読む台湾近現代史

b0074416_23572817.jpg

台湾、中国映画の影響もあり、再びアジアに注目している。特に現在は台湾に興味をもっている。それは、このブログでも書いているように、初めて行った海外が台湾(1984年6月)であったことも大きいが、その当時の台湾のことをわたしはなにも理解していなかったと気づいたからである。

田村志津絵枝著 『台湾発見』は、台湾映画で読む台湾近現代史、といった内容の書物である。わたしがこれまでにみてきた台湾映画を深く理解するためには格好のテキストとなっている。この著書は1997年に出版されていることもあり、特に20世紀までの台湾映画を理解するための優れたテキストでもある。

たとえば、わたしが初めて台湾を訪れた頃、台湾では『さよなら、再見』という映画が準備されていたことを知った。この映画は未見だが、日本人買春を扱い、痛烈に日本を批判した映画だという。現在では日本と台湾も当時以上に関係が深まり、また経済的関係も親密になったことから、こうしたテーマを扱う映画が今後つくられるとは考えづらいが、わたしはこうした歴史的事実を何も知らず、台北の街を彷徨っていたのである。

また、わたしの最も好きな映画といってよい『悲情城市』や『恋恋風塵』の映画の中で、なぜ炭鉱の労働者が言及されるのか、また、「おまじない」のようなシーンが登場するのかについて、台湾の実情とともに田村氏は解説してくれている。

映画は歴史的事実を知らなくとももちろん楽しめるが、それは楽しめるだけで理解できてはいないのだ。映画はこうした歴史を知ってもらうためだけにつくれる訳ではないと思うが、歴史を知ることにより映画を理解する深度は確実に深まると言える。映画をはじめ芸術作品とは、自分を写す鏡なのである。

[PR]
by kurarc | 2018-10-09 23:54 | books

ジェイ・チョウ 晴天娃娃(てるてる坊主)

b0074416_16250483.jpg

映画『不能説的・秘密』(日本題名:言えない秘密)のサントラを聴きながら仕事をしている。ジェイ・チョウの曲はどこか懐かしく、情感にうったえるすばらしい曲が並ぶ。その中に二つ(不能説的秘密を入れると三つ)、ポップな曲が挿入されているが、その一つ「晴天娃娃(てるてる坊主の意)」がよい。歌はジェシー・ジャン(上写真)。

この曲のみジェイ・チョウの作詞作曲である。歌詞が興味深い。荒井由実のような歌詞で、「兄からきょうはなぜ雨が降っているか、当ててみな、と言われると、飼い犬がてるてる坊主を食べてしまったから・・・」といったたわいもないユーモアのある歌詞だが、映画全体のなかで、この曲がもつ意味は大きい。ある意味で深刻な映画であるから、この曲はその深刻さをやわらげるために挿入されている、いわば緩和剤としての曲なのである。(雨が副題となっている映画ということもあるだろう)

初め聴いたときはどうでもよいような曲に思えたのだが、聴いてるうちにそのポップ観が癖になってきた。20代でこうした数々の曲を作曲したジェイ・チョウの手腕には驚かざるを得ない。

[PR]
by kurarc | 2018-10-06 16:22 | music

ジミー・リャオの絵本『星空』

b0074416_20263831.jpeg

台湾映画『星空』の原作である絵本、ジミー・リャオの『星空』をみたくなり、アマゾンで古本を購入。絵本を買うのは『ちいさいおうち』以来である。

簡潔な文体のなかに添えられた圧倒的色彩と独創的な構図、自然の風景と動物たち、そして、隠されたように引用されたマグリットやゴッホの模写。映画はこの原作の世界を見事に表現していた、といってよいだろう。

この物語は、男女の恋以前の出会いと別れを表現している。幼い頃のこと、かすかに記憶に残っている夢のような経験、それは誰もが子供の頃を思うとき一つや二つ思い出されるのではないだろうか。わたしであれば、父と二人で行った千葉県千倉の海岸の風景であろうか。父と二人で行った最初で最後のこの旅行はなぜか忘れられない。その思いが募ってとうとう昨年11月、およそ50年ぶりにその海岸を訪れたことは、このブログでも書いた。

ジミー・リャオは、若くして白血病になりながら、それを乗り越えて絵本作家としての活動を続けているようだ。その病気を乗り越えたせいもあるのかもしれないが、生命力あふれる色彩とフォルムには圧倒される。それだけではない。この物語は絵だけでもすばらしいのに、その中に胸を締めつけられるような物語が最小限の言葉で綴られている。

また一つ、台湾のすばらしい才能を発見してしまった。

[PR]
by kurarc | 2018-10-04 20:25 | books

コーヒーミル

このところずっとポーレックスのコーヒーミル(手動)を使わずに過ごしていた。多忙のせいである。これではいけないと久しぶりに豆からミルを使いコーヒーをいれた。

細挽きにして使用しているが、やはりミルを使うと同じ豆でも全く味が異なり、濃厚なコーヒーを味わうことができた。コーヒーといえども手を抜くとその味を100%引き立たせることはできないのだと改めて感じた。

電動ミルにも興味はあるが、高価であるし、なるべく電気製品を持たない、というわたしの方針に反するような気がして、購入をためらっている。もちろん、コーヒーメーカーなどは邪道であると思っているが、豆挽きからコーヒーをいれるまで全自動でできてしまうコーヒーメーカーがかなり安価で売られているので、ぐらっときてしまうが、やはり買うことは控えている。

ミルを久しぶりに使ってみると、コーヒーは豆の質も大事だが、その豆にあった挽き方を選択することがそれ以上に大事なのではないか、と感じた。安い豆でもその挽き方によってかなり味が変化するのではないか。

今回はいつもよく購入するコクテール堂のオールド5ブレンドを挽いた。このコーヒーは濃厚で苦みが強いが、甘みもあり、後味がよく気に入っている。200gでおよそ1,000円也。

[PR]
by kurarc | 2018-10-03 22:12 | gastronomy

台湾映画『星空』

b0074416_00212892.jpg

仕事の合間を縫って相変わらず台湾(中国)映画を観ている。忙しいときには、映画は助かる。時間が決まっているし、気分転換にもなるから。それにしても台湾映画『星空』は名作であった。トム・リン監督の作品は初めて観たが、中学生世代の男女がもつある苦悩とファンタジーを見事に調和させた映画であった。

原作がジミー・リャオによる絵本だというが、台湾映画はファンタジーを挿入させる映画が多いのだろうか?映画『星空』の完成度の高さには驚かされた。音楽の使い方も新しい。心情を表現するような音楽をバックに流すのではなく、音楽を一つ(一人)の俳優のように扱っている、といった方がよいかもしれない。

この映画はいわゆる学園ドラマではあるが、その狭い世界を描くのではなく、そこから10代の頃にもつ多感な感性や不安、自然や宇宙との親近性についての表現に飛躍しているのがよい。

版権の混乱から日本での公開が遅れたということだが、こうした優れた台湾映画はこれからも続くのだろうか?日本映画はこうした名作に対抗できるレベルなのだろうか?当分、台湾、中国映画への逍遙が続きそうである。

*こうした映画を観ていて感じるのは、日本と同様、台湾や中国人への西洋文化の影響について、それは日本とどのように相違(あるいは相似)しているのかが気になってきた。

[PR]
by kurarc | 2018-10-03 00:26 | cinema

銀座 No Bird にて演奏発表会

b0074416_00033704.jpg

月一度トランペットを習っているが、そのトランペットを含むレッスン生のJAZZ BANDの演奏発表会が銀座No Birdで行われた。

No Birdは銀座7丁目にあるJAZZ BAR(Cafe)。イタリアン料理を提供するBARでもある。ここで、午後から12曲を演奏する。演奏者の同僚や家族、友人などを招いての演奏会であった。

銀座のJAZZ BARに入ることも初めてのこと。わたしのレベルではこのような場所で演奏するのはおこがましい感じがしたが、舞台に立つことが演奏レベルを向上させるのには最もよい経験になることもあり、多忙ではあったが参加した。

個人的に練習時間がとれなかったこともあり、演奏はボロボロ。しかし、何事も経験である。次に期待しよう。

[PR]
by kurarc | 2018-10-01 00:08 | trumpet

Archiscape


by S.K.
画像一覧