映画『西鶴一代女』再び

映画『西鶴一代女』再び_b0074416_11403787.jpg

今年の映画の見納めは『西鶴一代女』とした。早稲田松竹で鑑賞。

いつもながら、お春を演じた田中絹代さんの演技に圧倒される。フェリーニの『道』のジュリエッタ・マッシーナの演技と重なるが、わたしはこの田中絹代さんの演技が優っていると思う。映画を観終わったあと、拍手をしたくなる、そんな演技である。

三船敏郎さんが映画の最初に登場するが、田中絹代さんの陰に隠れて、大きな印象を残さない。三船さんは黒澤映画で輝くことになる。この映画『西鶴一代女』は、黒澤明監督が『羅生門』でヴェネチア映画祭グランプリをとったことに触発され、溝口健二監督が力を入れたことで知られている。

当時の笑い話だが、『羅生門』が誰も賞をとるなどとは思ってもいず、ヴェネチアに映画界からは誰も代表団を送っていなかったという。賞が出るとわかり、日本大使館から慌てて人を送り、賞を受け取った、ということが依田義賢さんの著書『溝口健二の人と芸術』に書かれている。敗戦から間もない日本で、当時誰もが日本の映画がすでに世界を感動させるような力量を持っていることなど誰も思ってもいなかったのである。映画『羅生門』は、そういった意味では日本人をいい意味で裏切り、日本人に希望を与えた映画となった。

『西鶴一代女』をみていて感じられないが、撮影には相当苦労したらしい。依田義賢さんの前掲書には、撮影場所の近くに京阪電車が通っていて、その電車音を避けた合間に撮影されたということである。溝口監督は、同時録音にこだわったこともあり、カットの長さを把握し、電車が行きすぎたことを見計らって撮影されたという。

『西鶴一代女』はお春という一人の女の転落していく人生を描いているが、田中絹代が幼い頃から苦労してきた実人生とも重なってみえる。それは、「がんばれば」変えられるような人生でもない。前回のブログでも紹介した河合隼雄さんの著書の最後の章に書かれているが、自己実現をすることの辛さを描いた映画とも言える。これを、河合さんは、「それ=無意識」に対比して「あれ=外で起こったこと」と表現している。これは、大江健三郎の小説『人生の親戚』から学んだ表現である。お春は自分の内面ではなく、家族や男、時代という外の世界に翻弄され転落していくが、そうした外の世界「あれ」も自分とは切り離しようもないのである。

そして、お春の人生は、わたしの母の人生とも重なって見える。この映画が好きな最も大きな理由がそこにある。

by kurarc | 2019-12-31 11:39 | cinema(映画)

「それ」との付き合い方

「それ」との付き合い方_b0074416_23313382.jpg

河合隼雄先生の『こころの読書教室』を一気に読む。この本は、全体が4章あり、それぞれの章に読んでほしい本5冊ともっと読んでみたい人のために、としてもう5冊の書物が紹介されている。

河合先生の文章は平易でありながら、深い内容を理解させてくれる。たとえば、フロイトが定義したドイツ語 "Es" は「それ」といった意味だが、そのようにそのまま理解すればよいと教えてくれる。「自我はエスの侵入を受けて」というような言い方ではなく、「わたしは”それ”にやられました」といった程度にと。

「それ」とは「無意識」のことだが、我々は、自我とは別にもう一つの自分「無意識」があることを薄々感じ取っている。そのことをフロイトは単に「それ」と呼んでおこうとしたのであるが、頭の良い翻訳者は、「それ」を大げさに訳してしまっていると河合先生は注意している。

我々は、自我と「それ」との境界に扉があって、普通はコントロールしている。しかし、ある時、その扉を開きすぎると今まで思ったことのないような無意識の中のもう一人の自分が現れ、驚くことになる。二重身や二重人格はそうした現象の現れの一つである。そうした現象は、逆に世の中が豊かになると増えるという。戦争になると自殺者が減るらしく、人は食うや食わずの状態では「それ」はあまり表に現れてこない。

一方、「それ」はネガティブなことばかりではない。夢での体験はその一つである。こうしたことを知るには、フィリパ・ピアスの童話『トムは真夜中の庭で』を読むとよい、といった読書案内にもなっているのが本書『こころの読書教室』である。

河合さんの書物で童話の重要性を教えられた。『ジョコンダ夫人の肖像』(E.L.カニグスバーグ著)のような名作を知ったのも河合さんの書物からであった。今後、読書する書物の中に童話を含めることを忘れないようにしたい。新年は少なくとも20〜30冊の童話を読むことが目標である。その中で河合さんの専門とするユングの心理学が学べるのだから。

by kurarc | 2019-12-29 23:28 | books(書物・本)

「路小雨 ル・シャオユー」という曲

「路小雨 ル・シャオユー」という曲_b0074416_20362011.png

今年はジャズ理論を学びお直した。ジャズは高度な音楽理論の理解なしには演奏できない。もちろん、感覚的に理解して演奏できるミュージシャンもいるらしい。しかし、大半のミュージシャンはその反復で、感覚と理論による検証を往復することになる。

複雑な理論、ハーモニー、リズムもよいが、そうした高度な音楽でなくても、人々を感動させることができる。ポピュラー音楽がそうした音楽の代表だろう。わたしはその中でも、最近の一番は、ジェイ・チョウの映画音楽である。

彼が主演し監督も務めた『言えない秘密』の映画音楽のできは素晴らしい。以前にも書いたが、今年も何度サウンド・トラックを聴いたことだろう。そんなかでも特に好きな曲は「路小雨 ル・シャオユー」という曲である。

この映画は、台湾版「時をかける少女」といった映画だが、その少女の名が「路小雨 ル・シャオユー」で、グイ・ルンメイが演じている。彼女のテーマ曲が「路小雨 ル・シャオユー」である。

”路”と”小雨”という漢字がまたよい。この感覚は、漢字文化圏の中国、台湾や日本人にしかわからない感覚だろう。映画の中でも大雨ではなく小雨の情景がいくつか含まれる。小雨の中での出会いがある。

この曲がよいのは、「ドレミファソラシド」しか使っていないことである。ピアノで言えば白鍵のみで弾かれる。複雑なハーモニーも一切ない。それなのになんと魅力的なメロディーだろう。この曲を聴くと、「路小雨 ル・シャオユー」という漢字とその台湾語の発音が響いてくる。優しく少し悲しい、爽やかな曲である。

ジェイ・チョウは今どうしているだろうか?

by kurarc | 2019-12-27 20:34 | music(音楽)

ソウルからのメール

ポルトガル遊学時代の同窓生Moonさんからメールをいただく。
以下、ポルトガル語のメールである。直訳してみよう。


Olá Satoru san!
Espero que tudo eteja muito bom contigo e fico muito feliz pela sua mensagem. Sempre bem vindo à Coreia!! Vamos combinar um encontro tenho muitas saudades!!Boas Festas e Feliz Ano Novo!!Moon

サトルさん、こんにちは。
二人が共によい月日を過ごしていることと思います。
そして、あなたのメッセージにはとても感謝しています。
いつでも韓国へいらしてください。
懐かしさに満ちた再会をしましょう。
よいクリスマスと、幸多き新年をお迎えください。
Moonより


韓国との関係が微妙な時に、こうしたメールをもらえることはなんと喜ばしいことだろう。
いつ、韓国に行くことができるだろうか?
1日も早く行かなくては!



by kurarc | 2019-12-25 19:24 | South Korea(韓国)

ソウルとマカオへメールを送る

ポルトガル遊学時代の学友MoonさんとKong君にクリスマスと新年の挨拶のメールを送った。

Moonさんは韓国人女性。わたしよりひとまわり以上年代が下である。韓国と日本とは現在、ギクシャクした関係が続くが、早く収束してほしいと思う。韓国にはまだ足を運べていない。日本の建築を深く知るためにも、韓国の建築を知ることは不可欠だが・・・

Kong君はリスボン時代、わたしと同級生であった。彼はポルトガルの植民地であったマカオから留学していた。よって、ポルトガル語も達者であり、優秀な学生であった。

この二人を含め、リスボンの中華料理店で、Kong君の誕生会を祝ったのだが、身近にいたアジア人たちが集まってのお祝いで、お金はすべてKong君持ち。あれから20年が過ぎてしまった。本当に懐かしい。フェイスブックでつながっているが、二人とも元気そうで何よりである。

1日も早く、ソウル、マカオへの旅を実現させたい。

*メールはもちろん、ポルトガル語で送っている。

by kurarc | 2019-12-23 12:43 | South Korea(韓国)

ヒエロニムス・ボス『快楽の園』に関するメモ

*本名 ヒエロニムス・ファン・アーケン。ボスという名前は、誕生地ス・ヘルトへンボスから名付けられた。
*『快楽の園』 エル・エスコリアル修道院に収蔵されていた時は、「世界の多様性があらわされた絵画」と呼ばれる。
*「世界の多様性があらわされた絵画」は、スペイン語で「una pintura de la variedad del mundo」
  variedad(多様性) は、vanidad(空虚)であった可能性も指摘されている。
*赤い色彩を多用していることから、「イチゴ絵」(マドローニョ絵)と呼ばれることも。
 赤い色彩=錬金術の最終段階ルベド(赤化)=儚い美を意味?=完熟した果実はあっという間に腐敗することから
*ボス 少年時代にス・ヘルトへンボスの大火を目撃、経験する。その心的外傷が右翼パネルに表現されている?
*右翼パネルでは、楽器が拷問道具として表現されている。
*フランドルのことわざ 「幸せとは、すぐに壊れるガラスのようなもの」 中央パネルに描かれたガラスの中の男女
*『トゥルヌグダルスの幻視』の影響 12Cアイルランドのベネディクトは修道院僧の手になる物語。ダンテ『神曲』にも影響を与える。

by kurarc | 2019-12-22 15:43 | fragment(断章・断片)

黒糖リンゴジャム

身障者である従兄弟のヘルパーさんから大量のリンゴをいただいたこともあり、ジャムをつくることにした。大好きな黒糖、少しのハチミツを加えたジャムにしてみた。

レシピ
リンゴ 5ケ 3ミリ程度薄切り 煮ながらくずしていく
黒砂糖 適量(好みによるがわたしはリンゴ1ケに対して10~15g程度)
ハチミツ 適量(全体で大さじ1程度)
レモン汁 大さじ5(リンゴ1ケに対して1とした)
カルバトス 大さじ2程度(これで大人のジャムになる)
シナモンパウダー(CEYLON CINAMON) 適量(わたしは小さじ2程度)

ネットで検索すると、煮詰め方もいろいろやり方がある。
あまり細かいことは考えないで、リンゴ、黒砂糖を中火で煮詰める。ある程度煮詰まったら、レモン汁とカルバトスを入れ、弱火で水分がなくなるまで煮詰める。煮詰められる手前で最後にシナモンを振りかけ、よく混ぜる。

これだけで、市販のジャムにはない、びっくりするほど美味しいジャムができあがる。
朝食には、バゲットにこの黒糖リンゴジャム、その上にチーズ(ブリかカマンベールであればなおよいが)で豊かな朝を迎えることができる。

*後日、ビーツとのミックスジャムにも挑戦した。リンゴだけだと色彩が茶色であり、彩りが寂しい。ビーツを使用することで、色彩は鮮やかな赤になり、リンゴジャムらしい彩りとなる。また、リンゴの甘さも抑えられ、バランスもよくなる。

by kurarc | 2019-12-19 21:30 | gastronomy(食・食文化)

山岳写真家 白旗史朗さんを悼む

白旗史朗さんが先月末にお亡くなりになっていることを今日知った。

白旗さんには一度だけお会いしたことがある。わたしが高校3年の夏休み、山岳部合宿で北岳第4尾根(約250mの岸壁)を登っている時のことである。わたしたちのパーティは3名であった。朝、6時頃であっただろうか、私たちは登り始めたが、なにせこれだけの岸壁を登ることは初めてのこと。スローペースでゆっくりと登っていった。

何人ものパーティに追い抜かされていったが、頂上まであと80m付近に差し掛かったあたりだったと思う。撮影をしながらスイスイと登ってくる長髪のカメラマンがいた。それが白旗史朗さんであった。わたしたちは登るのがやっとであるのに、白旗さんは、岩から今にも落ちそうな体勢をとりながら撮影しては登りの繰り返し。あっという間に追い越されていった。

南アルプスにはそれから一度も行っていない。わたしたちの登った第4尾根は、2年後くらいに大きな崩落があったのを知ったこと、大学の方も忙しくなってきたこともあったが、その後、本格的な岩登りはあきらめて、沢登り程度を楽しむ山との付き合いに変更した。

山岳写真家はいわば二足の草鞋である。登山家であり、写真家、どちらも両立させて初めて成立する職業である。白旗さんはそのどちらも好きでたまらなかったに違いない。この場を借りて、ご冥福をお祈りしたい。

by kurarc | 2019-12-17 21:24 | art(藝術)

隠れキリシタンとマラーノ(マラーノス)

隠れキリシタンとマラーノ(マラーノス)_b0074416_21520986.jpg

先日、青山真治監督の映画『こおろぎ』についてふれた。この中で、キリシタンの弾圧について冒頭で語られるくだりがあり、思い出したように調べたくなった。河合隼雄先生が『物語と人間の科学』という本(講演集)で、「隠れキリシタン神話の変容過程」について書かれていることを知り、早速読んでみた。

河合先生は、わたしの大学時代にお世話になった多木浩二先生と「都市の会」というものをつくっていて、一緒に活躍されていたということもあり、ずっと気になっていた。ユング派の心理学者であるが、わたしは今年、『子どもの宇宙』という名著に出会って、河合先生の著作に特に興味を持つようになった。

「隠れキリシタン神話の変容過程」では、日本にキリスト教が普及するにつれて、どのようにそれが神話化され、聖書の物語が変容していったのかをみることで、日本特有のキリシタン文化というものをつかもうとした小論である。主に、『天地始之事』の話を分析しながら、その変容過程を時にはユーモアを交えて述べられている。

例えば、日本では当初「神」を「大日」という言い方に翻訳しようとした。「神」では日本古来の神と混同されることもあったからである。しかし、「大日」は女性性器の隠語であったこともあり、すぐに使えなくなり、「でうす」という原語に近い音をそのまま使うようになった、といったエピソードが述べられている。

「隠れキリシタン」で思い出されるのは、スペインから「追放されたユダヤ人」である。20世紀の初め、ポルトガル北部で隠れユダヤ教徒が発見されたのだが、それは、長崎の五島列島で密かに暮らしていた隠れキリシタンとの共通性を想像させる。(隠れ)ユダヤ教徒はスペイン語で「マラーノ(マラーノス)」(蔑称、豚野郎といった意味)と呼ばれ、差別の対象となっていた。こちらは、小岸昭さんの著作に詳しいし、以前にもこのブログでふれた。

ポルトガルへ行く前に小岸さんの著作を読み、その中に出てくるリスボンのユダヤ人街の街路を偶然、リスボンを歩いている時に見つけたのは何かの縁としか言いようのない出来事であったが、青山真治監督の映画で、わたしの設計した住宅の中で演じられる隠れキリシタンを匂わせる物語も何か偶然とは思えない。

本、映画や建築、芸術など様々な出会いには因果関係があるような気がする。それらがすべて、幸福な出会いであるとは限らないが、少なくとも、本や映画、芸術などとの出会いは、わたしを何か別の世界に旅立たせてくれる道具のように思えることが多い。きっと河合先生の著作からまた新たな発見があり、どこか遠い世界へ誘われる旅が待っている、そんな気がしている。わたしは今年、河合先生の著作からインスピレーションを得て、短編小説を書いたのだが、すでに、新しい旅が始まったのかもしれない。

by kurarc | 2019-12-16 21:51 | books(書物・本)

クラシックギタリスト 福田進一再び

クラシックギタリスト 福田進一再び_b0074416_20040157.jpg

クラシックギタリスト福田進一さんについてはこのブログで2回ほど取り上げている。確か1981年だったと思うが、東京文化会館小ホールでのデビューコンサートにかけつけて以来ずっと聴き続けているギタリストである。

最近では映画『マチネの終わりに』のモデルとなったギタリストとして再び脚光を浴びているようだ。彼のCDの中で印象深いのは『21世紀のタンゴ』(1987年録音)だろうか。2009年にこのブログでこのCDについて書いている。ちょうど10年前である。

このタイトルが示す通り、福田さんは21世紀のレパートリーとなるような曲を想定してこのCDを製作したのだと思う。それまでのギタリストはセゴビアといった巨匠のレパートリーをトレースしているようなギタリストが多かったと思う。その中でも、日本で初めてと思われるピアソラの「5つのタンゴ」の演奏し、録音したことは一つの事件といってもよいくらいの衝撃であった。コンサートでも実際この演奏を楽しんだが、ちょうど父親が亡くなった時期と重なっていたこともあり、この「5つのタンゴ」は忘れられない。

21世紀ももう20年が過ぎようとしているが、福田さんが目指した21世紀へのレパートリーは若手のギタリストにも着実に広がっている。そして、現在も活躍されていることは本当に素晴らしいことだと思う。優れた日本のギタリストは芳志戸幹雄さんや渡辺範彦さんら早逝されたギタリストが多いが、福田さんにはこれからも末永く活躍してもらいたいと思う。

*1980年代はわたしにとって重要である。年齢でいうと20代になるが、この年代ですべての趣向が決定されたように思う。映画、音楽、建築の趣向はすべてこの1980年代に決定されたといってもよい。

by kurarc | 2019-12-15 20:01 | music(音楽)